乙女と、乙女のバイブルOlive

 かつて存在したOliveという雑誌をご存知でしょうか。

’80~’90年代にかけて人気のあった、ロマンティックなガーリーテイストたっぷりのティーン向け雑誌です(2013年現在すでに廃刊されており、管理人の手元には2冊だけ残っています。)
Olive

 ’80年代当時、管理人はすでにティーンからは程遠かったのですが、美しいグラビアや清楚で小粋なフランス風女学生カルチャーの提案が興味深くてたまに購入していました。

 雑誌の中では、読者の高校生をリセエンヌ-lycéenneと呼んでおり、田舎はカンパーニュ-Campagne、結婚はマリアージュ-mariageといった具合に、全体的にフレンチヨーロピアンテイストなわけですが、雑誌名のOliveってアメリカン・コミックのキャラクターの名前なんですよね。

 なのに、どうしてそうなったか…は興味のある方はお調べ下さい。
Olive_2

 ここではこの雑誌が輩出した二人の正統派にして永遠の乙女たちのことに触れます。

 まず現代の…
清少納言70%、紫式部30%くらいな感じの感性の作家(あくまで個人的に思うにですよ)酒井順子女史。

 立教女学院高校在学中より、Oliveに執筆枠を持っていた才媛です―当時”マーガレット酒井”という名前で書いていました。

 大学卒業後、博報堂に入社し研究員として勤務。
 3年後退社し、フリーランスでコンスタントにエッセイを発表。
  Photo_3

「負け犬の遠吠え」 で、講談社エッセイ賞と婦人公論文芸賞を受賞し、ブレイク。

 彼女の書くものは、正統派の教養と、洗練され研ぎ澄まされた感性が光っており、とても理論的です。

 さらに、どこまでも客観的な観察眼に裏打ちされた突っ込みから生まれるユーモアで、時代や現象を切り取ってゆく小気味よさが読者を一気に引き込みます。

  毒の効かせ方のテクニックにも気品があり、林真理子さん的毒気と読み比べてみると面白いかも知れません。

Kuriophoto_4

 そしてもう一人は栗尾美恵子さん。
 花田美恵子さんといった方がわかりやすいでしょうか。

 成城学園中学に在籍していた頃からOliveの読者モデルになり、その後女子大生モデルとして週間朝日の表紙を飾り、大学卒業後は客室乗務員としてJALに勤務。
 ステイ先で力士・若花田に見初められ結婚。
 4人の子をもうけ離婚。
 その後、子どもとともにハワイに移住し、現在はモデル・タレントとして活躍中。
 
 かつても小鹿のように可憐な少女でしたが、他者が手を差し伸べたくなるような清楚な美貌は、ママになっても、離婚しても、40歳を超えても、おとろえるどころか益々輝きを増している感じです。

 個人的に、このお二人に共通しているなぁ…と感じるのは、「人生色々あったせいかどうか、昔とはお変わりになりましたねぇ」といった部分がないように見えるところでしょうか。

 彼女たちの内に存在する乙女のDNAが、一本通った強靭な筋金のように彼女たちの乙女体質を維持し、世俗の垢から守るバリアを形成しているかのようです。

 豊かになった東京の、文化的中流家庭で育ったお嬢さんたちの代表といえる、知性派の酒井さんと美貌派の栗尾さん。

 ”エセお嬢さま乙女風”ではない自然体で、雑誌Oliveが提案したライフスタイルを地でゆくお二人だったわけですが、現在に至るも"Olive少女その後”の王道を歩んでおられます。
 
 この先どれほど歳を重ねても、彼女たちを”永遠の乙女”と呼びたいと思います。


★酒井順子:1966年9月15日生まれの乙女座
★栗尾(花田)美恵子:1969年3月14日生まれの魚座

| | コメント (1) | トラックバック (0)

魚座的愛の世界―フレンズ・ポールとミシェルⅠ

 フレンズ―ポールとミシェルを観ました。実に30年ぶりです。
 
 映画が公開されたのは’71年です。
当時、管理人は小学生で、同じ年に公開された小さな恋のメロディという作品をとても愛する子どもでした。
 劇場で観た「フレンズ」の予告編は衝撃的過ぎて、すぐに観る気になれず、この作品を観たのは高校3年の終わり頃でした。
大学の合格発表を待ちつつ観た記憶があります。

 14歳のミシェルと15歳のポールの逃避行。
隠れ家での二人だけの愛の生活。やがて妊娠、出産……そして悲劇を予感させるラスト。

 予告編以上に衝撃を受けた本編でしたが、あれから30年。
当時は持てなかった視点で作品と向き合う自分がおります。
 
 この映画の原作者でもあるルイス・ギルバート監督は、3月6日生まれの魚座
 イタリアルネッサンスの偉大な芸術家、ミケランジェロと同じ誕生日です。
魚座は生まれながらにして美的感覚をはじめとする様々な感覚の豊かな星座
 だからでしょうか。魚座生まれのアーティストやクリエイターの多いこと。

 20世紀の奇跡のバレエダンサー・ニジンスキー他、ヌレエフ、ルノワール、ミケランジェロ、ショパン、ヘンデル、ラヴェル、ロッシーニ、ヴィヴァルディ、スメタナ、ヨハン.シュトラウス1世、ヴィクトル・ユーゴ、イプセン、ワーズワースなどなど、綺羅星のごとく輝く芸術家のオンパレードを擁するのが魚座宮です。

  繊細で純度の高い感覚世界に生きる魚座人は、総じて現実生活との折り合いが不得手です。

 魚座男性は、実務の現場などで
 「アイツ、どうも仕事の詰めが甘いよな~、っていうか感情や感覚に振り回され過ぎ?」
 なんて言われてしまうのですが
 ハードな体系的思考が苦手な感覚派だからなんじゃないか、と思われます。
 それは、裏を返せば、彼らの多くが本格的な芸術家たる可能性を秘めたる所以なのです。

 あるいはパートナーの女性から
 「彼、一緒にいて楽しいんだけど、ここぞと言う時に頼りないのよね。大したことじゃない次元で大騒ぎしたり、得意げになったり」
と思われているかも知れません。
 いいじゃありませんか、あなたがしっかりしていれば。
 彼の良さは優しさと他者への許しと献身です。
 それに、おだてりゃ、いくらでもその気になって頑張ってくれちゃうでしょ?
まぁ、あなたのご期待からすれば的が外れているかも知れませんが。
 さらに、才能を発揮した時の神がかり的な飛翔とでもいいましょうか…。
 そういえば、日本での魚座の有名人の代表格といえば、長嶋茂雄
桑田圭祐、竹中直人そしてバレエの熊川哲也、フィギュアスケートの高橋大輔です。
…なるほど。

 生き馬の目を抜くような過当競争の中での、取るか取られるか、といった生活にはおよそなじめません。
 激しい現実の嵐から守ってくれる、揺り籠のような世界がなければ疲弊してしまうのが魚座人です。

 さて、ポールとミシェルが愛を育むロケ地となったアルルのカマルグは、二股に分岐したローヌ川と地中海に囲まれた三角州。
その中心部にはヴァカレス湖を有する湿地帯です。
 そこは珍しい塩生植物や、世界中から飛来する野鳥などで形成された生態系が存在しており、とりわけカマルグのフラミンゴや半野生化した白い馬は有名です。
 美しい夢のような生命の揺籃といった場所なんですね。
Photo
 なんと、水の宮の魚座らしいロケーションでしょう。(右の絵画はゴッホが描いた、カマルグのサント・マリー・ド・ラ・メール)

 母なる水に囲まれた湿地帯。
 その水辺の小さなアトリエで、日がな一日絵を描いて、バッカス神からの賜物のワインで酔っぱらう。
 傍らには、ボッチチェリのヴィーナスのように可憐な妻と天使のように可愛い子どもたち。
窓の外には水を蹴って走る白馬の群れ。
 夕焼けの圧倒的な赤の中で、何か楽器を奏でつつ一日の終焉を迎える。
母親の子宮を象徴するような、このうえなく平和で美しい小宇宙
 

 魚座のアーティストが理想とする世界そのものです。

 こんな生活で一生を終えることが出来たら…。
 ミシェルの父・画家のリシャール・ラトゥールとポール・ハリソンはギルバート監督の分身でしょう。

 しかし、この理想郷は、儚い夢のような世界。
 やがて、迫り来る現実のまえに、もろくも砕け散ってしまうのですが…。
 カマルグのような美しい生態系はもろい。ポールとミシェルの愛の世界も。無粋な土足で踏みにじられたら二度と元へは戻れないだろう
  優しい魚座のギルバート監督の言いたかったことの一つはこういうことかも知れません。

 魚座的愛の世界-フレンズ・ポールとミシェルⅡに続きます。

フレンズの世界を堪能したい方はこちらのサイトへぜひ!→カマルグのアトリエ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

魚座よ…うお座

カリスマ:イケてる蠍座。
及川ミッチー、つんく、YOSHIKI、キムタク、デーモン小暮閣下、マツコデラックス。
ぶりっこ:魚座の習性。日常的態度。松田聖子。
返り討ち:魚座が蠍座に戦いを挑んで陥ってしまう状態。
ヘビに睨まれたカエル:蠍座に睨まれた魚座。
主従関係:蠍座と魚座の必然的関係。
監視:蠍座の魚座に対する視線。

 上はその昔、とある雑誌の占いのページに載っていた記述をメモしておいたものです。
 荒っぽいメモなので、細部まで完璧にこのとおりだったのか、どんな占い師によるものだったのか、定かではありませんが、魚座と蠍座の関係性をまさに的確に示していると思うのですよ。
 もしかして筆者は魚座かな?

 蠍座の管理人はどういうわけか、魚座との縁が深いです。なんだか知らないけど昔から魚座になつかれます。妙になついてくる人だなぁ、と思うと、魚座です。 だから魚座という人種には個人的にいろいろ思うところがあります。
 
 まず、すごいお人よし。他人のことなのに、まるで我がことのように引っかぶったり傷ついたり喜んだり。自他の区別がつかないのでしょうか。
 ついでに時制の区別もねー。

 魚座は、自己犠牲的な愛情の持ち主だそうです。

 生まれながらにして、天台宗の高僧・最澄が説いた忘己利他の精神構造を有している、あるいはアンデルセンの物語に出てくる幸福の王子のように気高い心を持っている……といえば聞こえはいいですが、とはいえ、高僧でも銅像でもない生身の凡人、そこまでの境地に達している人は、まずまれです。

 力も根拠も戦略もないのにいろいろと安請け合いしちゃう(人がいいからね)。
 その結果、かかえきれない荷物を背負い込んで、ドタキャン、もしくは他人に丸投げ、あるいは泣きついて尻拭いしてもらう羽目になるという感じなんですけど…。

 でもって、さんざん周りを巻き込んだわりには
 「え?無事すんだの?ああ、よかった。ホントよかった~」
 なんてケロッとしているちゃっかりさんなのですが実は本当に心から感動していたりするのですよね~。

 ことほどさように、魚座の人というのは憎めない人間の筆頭に挙げられるかも知れません。

 この世知辛い世の中、抜け目のない人間ばかりになってしまったらやりきれませんよ。
 
 魚座は実際、他人に優しく、奉仕の精神もあり、ロマンティストで、繊細で、芸術的センスはピカ一です。

 この芸術性に関しては、ある種の憑依体質といえる特色がそうさせるのかも。
 

 そういう部分をうまく包み込み、育て上げることのできる人にめぐり合えた魚座の人は、幸せなはず。

水の宮の三姉妹

| | コメント (0) | トラックバック (1)

水の宮の三姉妹

 蠍座は、蟹座、魚座と同じ水の宮

 火の宮(牡羊、獅子、射手)や、風の宮(双子、天秤、水瓶)、地の宮(牡牛、乙女、山羊)に比べてウェットな人たちが多そうだと推察できますよね。

 水の宮の人たちは人情に厚く、感情が豊かということになっています。

 蟹座、蠍座、魚座は同じ水でもそれぞれに違う水の性質をもっているそうです。

 昔聞いた話によると、水の宮のトップ蟹座は泉
 優しくて家庭的な博愛精神の持ち主で、人を癒し潤す泉の水だそう。

 末っ子の魚座は海
 万物を育む母なる海に象徴される魚座の魂は、情緒的で宇宙と一体化しているとか。

 でもって真ん中の蠍座は、というと、なんと底なし沼(!)

 あー、そうなんですね。
 やっぱり…というか…そこまで言う、というべきか。
 蠍座は、人間世界の酸いも甘いも、善も悪も、喜びも憎しみもすべて飲み込む底なし沼的エネルギーの持ち主、ということですが……あんまり嬉しくないかも。

 泉や海にたとえられれば嬉しい人は多いでしょう。
 しかし、底なし沼のようだといわれて一体だれが喜ぶでしょうか。

 むしろこれで喜んでいたら変人のレッテルはまぬがれません。
 もうちょっとマシなたとえはなかったんですかぁっ?
 
出来の良い姉と妹に囲まれてグレちゃいたくなる真ん中の子の気持ちがよ~くわかります(笑)。

魚座:2/20~3/20 水の宮 支配星は海王星

| | コメント (0) | トラックバック (0)