冬至と山羊座

12月22日は冬至

 一年で最も太陽の力が弱まる日です。
しかし、この日を境に太陽は再び力を取りもどし、夏至に向かって日々、力を強めてゆきます。

冬来りなば、春遠からじ
4_2

 22日、管理人はカボチャは食べませんでしたが、柚子湯に入りましたspa

 柚子の香りのするお風呂はこの時期、本当にいいものです。
柚子は毎年、同じ建物の一階(庭がある)の方が分けてくださいます。

 柚子の鮮やかな黄色い実は見ているだけで、身体中の血行が良くなる気が…。
柚子の皮は、お雑煮、お蕎麦、お寿司、酢の物、漬物にと大変重宝しますよね。
 稲荷寿司や鯖の押し寿司にこれが加わるととてもグレードアップした味に
果汁も、お酒に混ぜたり、料理にかけたり。

さて、この日は山羊座の始まりの日でもあります。

2010年、12月11日より、公開されている映画「ノルウェイの森」。

 この映画は、
●原作者:村上春樹… 1月12日生
●監督:トラン・アン・ユン…12月23日生
●主演女優:菊池凛子…1月6日生
の3者が皆、山羊座
です。

公開時期といい、まさに山羊座の映画といえるのではないでしょうか。
(プルート通信内の関連記事「ノルウェイの森」のことl)

映画はまだ観ていないのですが、個人的には、

●トラン監督があの作品をどう料理したのか。
●1969年という時代がどのように描かれているのか。
●蟹座の同居人が早稲田の教授役のエキストラで出演しているらしいが、はたしてほんのちょっとでも映っているのか…。

などが気になるところ。

 さて、現代日本の冬至祭についてです。

 プルートカテゴリの一番下にChristmas†クリスマス!という項目がありまして
―冬至の時期には古来から、世界各地でお祭があり、クリスマスはこれらの土着の風習を、キリスト教が取り込んでいったものといえます―というようなことをかつて書きました。

 大人になるにつれ、日本におけるクリスマスパーティとは忘年会のことだなぁ、とつくづく感じます。

 そして、12月25日が終わるやいなや、日本人は、本格的にお正月の準備へと突入して行きますよね。

 街中ではツリーなどのクリスマスデコレーションが、角松や正月飾りに取って替わります。
 市場では、昨日までサンタの格好でチキンやケーキを売っていた人が、今日からは半被・はち巻姿で正月用の食材や縁起物を売りさばく騒ぎ。

 家庭では、大掃除、年賀状書き、お年玉やお年賀の用意。
 わが家のお節料理は、蒲鉾と黒豆、手作りの伊達巻(伊達巻の丸かじり)と、お煮しめくらいしか用意しませんが一応、31日は鍋フル回転。

 お正月には、カレー、おでんなども無性に食べたくなるので、年内にその辺の食料も備蓄。
ワインやビール、インスタントラーメン。
果物に、サラダ用の生野菜も。
お汁粉用にゆで小豆缶も、ほしい。
さらに、雑誌や本、漫画、スイーツ、アイスなども。

ショッピングセンターは元旦からやっていますが、数日間だらだらできる寝正月に備えたいのですよ(笑)。

 31日は年越しそばを茹で、かき揚げを揚げます。
元旦は自宅でお雑煮を祝って、お年始の挨拶などへ出かけます。
 帰りにはデパートの初売りを冷やかしたり、タリーズかエクセルシオールでお茶も飲みたい。
初詣も大変だけど行きましょう。
若い人は初日の出を観に行ったりしますね。

そんなこんなで、日本人は年末から年始にかけてずっと忙しい。
寝正月を決め込んだのに、なかなかそうならない気がするのはお祭的非日常だから?
っていうか、年明けになって年賀状なんて書いているせい?
だいたい30日まで、中学校の同級生と近所のシダックスで忘年会なんてやっているのも、どうかと…。

クリスマスからお正月へと続く一連の時期が日本における冬至祭でしょうか。

極東の国・日本の冬至祭ですが、山羊座の守護神・農耕と豊穣の神(サトゥルナリア)の祭にふさわしい感じはしますよね。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ノルウェイの森」のこと

 20年ぶりにノルウェイの森を、文庫本で再読しました。
 例の、の上下巻です。
Photophoto:Sozai Room.com


 蟹座の同居人が、仕事の資料として必要とのことで買ってきたのでした。 

  管理人は、村上春樹の作品世界とはどうも相性がよくないようで、かつて友人に熱心に薦められた何冊かの本は、いづれも最後まで読み通すことが出来ませんでした。

 なので、’87年に「ノルウェイの森」の単行本が刊行された時は、「決して途中で投げ出さない」という固い決意の元に、購入して読んだものです。

 果たして…感情移入こそできないまでも、せめて受け入れることくらいできる人物や状況があるんじゃないか、と期待したのですが…結局どいつもこいつも好きになれず、共感もできず、この世界の住人にはなれない空しさが残った感が(笑)。

 あ、でも、唯一、突撃隊氏はだけ例外です。
 この人は好きです。
 なので、ワタナベや直子が、彼を小バカにして哂うような感覚が、どうにも好きになれませんでした。

 私ゃ、ワタナベに言いたかった。

 「おまえはなぁ、突撃隊のような人の人間性に触れて、己の頑迷さと許容量の狭さを反省するくらいの柔軟性とひたむきさがあれば、恋人に死なれるこたぁなかったんじゃないかね」

 その後単行本は、読みたい、と言う友人にあげました。

 現在は、こういった人たちがなぜ、そうなったのかというプロセスを受け入れることは出来ます。
 年を経ることがいいのは、こういう部分かも知れません。 

 ところが、近々、私の好きなフランス系ベトナム人のトラン・アン・ユン監督が、この作品を映画化するというではありませんか!
管理人は、特にトラン・アン・ユン監督の「青いパパイヤの香り」の作品世界を、とても愛しております。

 一体、好きな人が、鼻持ちならない人(村上春樹ファンの方、大変申し訳ございません。ホントにえらい、すんまへん!)を、どう料理するのか。

 ただ、この作品の舞台となったいくつかの場所には、個人的に縁を感じる所が出てきますので、地図など眺めながら読んでみたら、かなり楽しめました。

おすすめのノルウェイの森地図

 ★主人公ワタナベ君の在籍している大学
 ここは早稲田大学第一文学部演劇科ですね。
 蟹座の同居人と同じです。
  蟹座の同居人の話によると、『金属の杖をついた脚の悪い教授』のことは、

 「鮮明に覚えている。シェイクスピアの話を始めると止まらなくなる人だった。学生活動家が教室へ闖入してきて、講義が中断されるあたりも、気持ち悪いくらい自分の学生生活と重なるんだけど」

 とのことでした。
 それもそのはず。
 村上春樹もこの科の出身で、二人の在学年はわずかですが重なっていたのです。

 ★直子の在籍していた大学
 英語の教育で有名な津田塾大学ですね。
 『武蔵野のはずれにある女子大。彼女のアパートの近くにきれいな用水が流れていて
 実は、津田塾大学のすぐ近くにある美術大学は管理人の母校です。
 作品にも、ほんの少しですが美大生が出てきます。
 きれいな用水とは野川(国分寺市東恋ヶ窪に源を発し南へ流れる川)のこと。

  当時、管理人は恋ヶ窪にある女子大生専用のアパートに住んでいました。
1階は大家さん一家の住居で、2階に6畳間と小さなキッチンと流しが付いた部屋が5つあり、3部屋には津田塾大生、2部屋には美大生が住んでいました。

 廊下に5人で1台のピンクの公衆電話を共有しており、かかってくると誰かが出て、取次ぎ、通話時間はノートに記入して、それぞれお金を払っていました。

 アパートの美大のお姉さんにはバイトの紹介をしてもらったり、お金がない時にご飯を作ってもらったり(涙)。
 津田塾のお姉さまの所属する管弦楽団(津田塾&一ツ橋大学合同サークル)のコンサートにも行きました…懐かしいです。
  
 ★突撃隊がワタナベ君にくれる蛍
 『ほら、こ、この近くのホテルで夏になると客寄せに蛍を放すだろ?あれがこっちに紛れ込んできたんだよ。これ ね、女の子にあげるといいよ。きっと喜ぶからさ

 このホテルは椿山荘ですね。
 獅子座の同居人の通っていた学校のPTAは、毎年初夏に椿山荘で「親睦と蛍の夕べ」と称するパーティを開きます。
 

 ★ワタナベ君と直子が散歩する飯田橋や本駒込あたり
 かつて、仕事場として使っていたマンションや、獅子座の同居人の母校がある。

  ★主人公のカップルがデートをする日本橋高島屋★
 デパートの中では最もよく利用します。
 お客が多過ぎず、こぢんまりとして落ち着ける感じがいいのです。
 かつて屋上庭園の池には色とりどりの鯉がぎっしりといました。
 50円で買ったエサをやりながら、鯉を見ているのが好きだったのですが今、鯉はいなくなっちゃいました(寂)。

 新幹線に乗る時は、駅弁ではなく、ここのデパ地下で、お寿司やお惣菜、お菓子にトマトなどを購入して東京駅まで歩き、車内での食事にします。

 すきやばし次郎(本館4階)
 世界に知れわたる名店の支店です。
 本店はあまりにも敷居が高く、値段も高いので、一生足を踏み入れることはないでしょう。
 でも、ここの支店は、下着売り場の奥にさりげなくあり、10人も入ればほぼ満席状態のスペースで、お値段も(あくまで本店に比べればですよ!)お手頃。
 デパートの商品券を頂くと、ここのお寿司に貢いでしまう管理人なのでした。
 

 資生堂パーラー(新館6F)
 やはり銀座の本店にはほとんど行きませんが、ここは、気軽で落ち着けます。
 ここのオムライスや苺のパフェなどは、お味も大好きですが、その姿の美しさを愛しております。
 長年きたえられ洗練された味と姿。美しいものはシンプルで奥が深い。

 ケーニヒスクローネ(Königs Krone)(地下1F)
 ドイツ語で「勝利の王冠」という意味の洋菓子屋さん。
 ここの「カップ入りフレッシュケーキ」が好きでよく買って帰ります。一つ400円弱のお持ち帰り用パフェです。

 ★おまけ
 かつて村上春樹が、管理人と同じ町内に住んでいた。

 ちなみに村上春樹は1月12日生まれ。
 トラン・アン・ユン監督は12月23日生まれ。
 この二人はどちらも、管理人が一目置く山羊座なのでした。

 映画は…なんか、やたら、待ち遠しいんですけど。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

山羊座の鴎外と娘・茉莉№2

 
 森鴎外の娘森茉莉はぶっ飛んでいる
 そうとう浮世離れしている。でもって、その度合いが半端じゃありません。
 それをより味わえるのは小説よりエッセイのほうです。

 みごとな想像力、並外れた直感力と洞察力、高い美意識、そして決してゆらがない強い自我。類まれな感性の持ち主にかかると、ありふれた日常生活がまるで魔法をかけられたような非日常になります。その魔法はとってつけたような安っぽいからくりではありません。

 森茉莉は生れ落ちたその時から、豊かな経験と教養と文化の象徴である父・鴎外からの愛情を慈雨のごとく浴びて成長します。これこそが本物の贅沢であり、茉莉自身が鴎外の、手塩にかけた作品に他ならないのです。
 
 そんな茉莉が、その感性で日常を切り取るさいに生じる、本人と現実との間の化学変化がなんとも面白い。

 子供を可愛いと思う気持ちは自己愛の延長といわれています。鴎外さんは、他所の子がいたずらをしたら「殴っていい」、しかし「泥棒もいたずらも、お茉莉がやるなら上等よ」などと言う親バカ。婚約が決まってからも茉莉をひざの上に乗せて(!)可愛がっていました。

 茉莉だけでなく自分の子はすべて溺愛していた鴎外ですが、長女茉莉は特に、鴎外の影響が強かったようです。
 茉莉さんの、自分という存在に対する確固たる自信は、「偉大な父・鴎外に愛され、すべてを肯定された娘である私」というアイデンティティから来ているに違いありません。山羊座の鴎外と娘・茉莉№1

 朝起きると女中が次から次へと身支度を整えてくれる。
 洋服や帽子などはドイツから見本を取り寄せ、年に1~2度、彼の地であつらえさせた特注品。和服も趣味のいい両親が選んだ最高級のもの。
 女学校(現・白百合学園)から帰ると、フランス語やピアノの家庭教師が待っている。さらに鴎外が丁寧に勉強を見てくれる。
 食生活は、当時の東京の料亭や洋食屋の最高の美味、料理上手な母が作る和食やドイツ料理、夫との遊学先のパリの美味などで彩られていました。森茉莉の料理

 茉莉は社会性や他者への共感力、忍耐や努力や勤労の精神といったものとは無縁だったようです。
 女学校の時は激しいイジメに遭い、二ヶ所にわたる嫁ぎ先からは度外れて役にたたないどうしようもない嫁ということで離縁される始末。ところが当の本人が、それをほとんど意に介さなかった。知り合いにいたら困だろうけど、すごい大物です!

 鴎外原理主義の娘・茉莉。その才能は五十歳を過ぎてみごとに開花したのでした。

 森茉莉の誕生日は1903年(明治36年)1月7日生まれ。管理人のまわりの山羊座の人も、独特の自己中心性を持ち合わせているにせよ、最終的には感心、尊敬できる人ばかり。山羊座は鴎外・茉莉親子を輩出しただけのことはあるな、と。

 ★森茉莉のエッセイ。味わい深い独特の文章、沸き出でる宝石のような言葉に圧倒されます。


森茉莉 天使の贅沢貧乏 ( 著者: | 出版社: 河出書房新社 )森茉莉 天使の贅沢貧乏【楽天ブックス】貧乏サヴァラン貧乏サヴァラン
贅沢貧乏贅沢貧乏【楽天ブックス】マリアの気紛れ書きマリアの気紛れ書き


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山羊座の鴎外と娘・茉莉№1

 教養があって、ステイタスがあって、見ばえも良くて、お金持ち。
 それでもって優し~いお父さまに、丹精こめて育てられ、むちゃくちゃ可愛がられてみたい……。
女の子なら、たいてい一度は夢見るこのシチュエーション。

 しかし。

現実の父親の多くは、お金はあっても子どもに関心がなかったり、優しいけれど貧乏だったり、お友達には見せたくない外見だったり、中には危ないバイオレンス親父などもいたりします。

 まぁ、マスオさんや、ちびまる子ちゃんの父・ヒロシあたりならよしとするか、というような妥協案で生きている娘が多い世の中。

 ところが冒頭に挙げた条件そろいまくりの、ありえない父親がいました。それが、わが国を代表する明治の大文豪にして、陸軍軍医総監、後に帝国博物館館長をつとめた森鴎外です。

 そんな鴎外に溺愛された長女・森茉莉は、さながら’60~’70年代に流行した少女漫画のヒロインのようにベタな、ザ・お嬢様ofブルジョアin日本
森茉莉の料理 山羊座の鴎外と娘・茉莉№2に関連記事あり。

 鴎外の誕生日は1月19日、茉莉の誕生日は1月7日。この2人、どちらも山羊座です。
山羊座の特色といえば…

自立している、他者を気にしない、チャラチャラしていない、頑固というより時に頑迷、努力するナルシストということですが、この2人はまさに山羊座的といえましょう。ホント親子でよく似ているんです。

 鴎外は陸軍の食事から麦を廃し、白米を推奨したのですが、結果、陸軍は脚気による死者を大勢出してしまったのです。日清戦争では脚気による死者が戦死者の4倍近かった(!)というのは有名な話。

 すでに英国医学では脚気はビタミンB2不足が原因とされており、麦飯やパンや肉食などの有効性が周知されていました。
 海軍ではそれにしたがった食生活を取り入れていたために、脚気による死者はいなかったのです。

 ところがドイツ医学の影響で、脚気はウィルスのせいと頑なに信じていた鴎外は、「白米こそごちそう」として、陸軍では「沢庵をおかずに銀シャリを腹いっぱい食べさせる」ことを改めなかったのですからたまりません。

 超エリートの軍医総監に逆らえる人などいるわけがない。

 そりゃたしかに白米はおいしいけれど、栄養的には肝心の栄養分を取り去った残りの、ほぼでんぷんオンリー。栄養豊富な副菜が付けば問題ありませんが、沢庵だけじゃ病気は必至。陸軍はすっごい迷惑。被害甚大!鴎外ぃぃぃ!!

 当時、白米だけのご飯というのはたいへんなご馳走でした。これに惹かれた兵士も多かったことでしょう。

 ドイツで衛生学を修めた鴎外は、それを厳格に実践し、子どもの使うものはアルコールで消毒することを励行させたり、また子どもたちには生水を飲ませず、生の果物もご法度。果物でも何でも火を通したものしか食べさせませんでした。
 どうもビタミンというものを理解しなかったようです。

 鴎外自身も刺身を清酒でさっと煮て食べていたあたり、味の好みというよりは「生は不衛生」という観念がいつも頭を占めていたのかも。
 頑迷なパパ!
 茉莉さんの仰天エピソードは次回

★プルート通信内の山羊座に関する記事山羊座の支配星・土星は豊穣の神の名

山羊座, 文化・芸術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

山羊座の支配星・土星は豊穣の神の名

 クリスマスの祭りは古代ローマの農耕と豊穣の神サトゥルヌスを祭ったサトゥルナリア祭がその起源でした。

 サトゥルヌスSuturnusというのは土星Saturn、土曜日Saturdayの語源となった言葉。ちなみに悪魔Satanとは無関係です。

 土星は山羊座の支配星であり、ローマ神話の神サトゥルヌスは山羊座の守護神なのです。

 サトゥルヌスは父王ウラヌスの、「おまえは実の子どもによってその王座を奪われる」との予言どおり、息子のジュピターに神の王国を追われ、イタリアにたどり着きました。ローマカピトリヌスの丘に市をつくり、そこの王となります。民に農業やさまざまな技術を授け、太古の黄金時代を築いたとされています。

 山羊座の人は土星から「宿命の感覚」の影響を受けているといわれています。
そのため、試練や困難や苦しみさえ、人生の一部として受け入れることができるのです。サトゥルヌスは有能な神でしたが、山羊座の人も真面目、責任感、成熟といった美点をそなえています。

 管理人は個人的に蟹座と山羊座はあなどれない(もちろんいい意味でですよぅ)と思っているのですが、山羊座の人の、ジタバタせず、浮ついたところがなく、何があっても自己がゆらがない雰囲気をひそかに尊敬しているのです。

ところで。山羊座の方もそうでない方も、今の自分の運勢はどうなってんの?今すぐ知りた~い!という方にオススメ。満天王という優しげな翁が占ってくれています。

プルート通信内のクリスマス関係の記事は、画面左側のプルートカテゴリーの最下、Christmas†クリスマス!をクリックすると、古い順に読めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)