冥王星、いきなり激写される

Photo_2
最接近前に76万8000キロの位置から撮影した冥王星 NASA/APL/SwRI

-はるか宇宙の彼方より、久方ぶりに冥王星つぶやく-

 どーも。
 すっかりご無沙汰しておりました。

 私、蠍座の支配星であるところの冥王星でございます。

 そうです。

 前回の記事、冥王星、ついに処遇が決まるで、惑星から降格させられた冥王星です。

  あれから7年。

 かつての騒ぎのほとぼりも冷め、すでに私の存在も表舞台から完全に撤退した感が漂っているであろう、と認識しておりました。

 ところがある日、地球のNASAより無人探査機ニューホライズンズとかいう面妖なヤツが近づいてきた(といってもかなり距離はあったのですが)と思うと、ものすごい勢いでバシャバシャと、この私を激写していくではありませんか。
  
 相当遠い地球からそんなものを飛ばして来るのもすごいことですが、その探査機が私のあらゆる画像やデータを採取しまくっては随時地球に送っているらしい。

 私も随分と長いこと、誰にも暴かれることのない、闇と神秘のヴェールにつつまれた遥かなる冥王星ってのをやってきたわけですが、まさか、ここにきてこんなことが起こるとは…。

 地球の方々の、探求心とか、開発技術とか、エネルギーとか、執念とか、物見高さには星もビックリです。

 でもって、私にはカロンという衛星があるんですけれども、カロンと私は大きさもあまり変わらず、準惑星と衛星でありながら、共通重心の周りを互いに公転している二重惑星っぽい風情であることが判明。

 一組のペアダンサーが優雅に踊りながらくるくる回っているイメージでしょうか。

 萩尾望都の超名作SF「11人いる!」に出てくる兄弟星、アリトスカ・レとアリトスカ・ラ(あれらは連星でしたけれど)の世界を思い出します。

 さらに、130㌔上空まで覆う靄(もや)、大気、地表を流れる氷河、凍った窒素が平原や山々に描く複雑なうろこ模様…。
  われながらなんというロマンに満ちた存在でしょう。

 それにしても今回、自分でもびっくりしたのは私のビジュアル!

私ってこんなにもラブリーでキュートな外見だったのですね!
 知りませんでした(*゚ー゚*)。
Photo_3

 化け物が棲むと恐れられ、誰も近寄らないし近寄れない僻地の古城になんとか分け入ってみれば、そこには可憐な女神が…!みたいな。

 しかも…とっても美味しそうじゃありませんか。

 「こんなシャンパントリュフチョコとかがあったらぜひ食べてみたいものだが、どこかのパテシェが作ってくれないだろうか」

 などと、食い意地の張ったわが蠍座の管理人も申しておりました。
 
 まあ、いずれ製作されるのではないでしょうか。
 チョコに限らず様々な冥王星グッズがじきに商品化されそうですよね。

 ま、私自身に肖像権はないようなので、やったもの勝ちかも知れませんねぇ…´`(´∀`)´`。

 
プルート通信内の冥王星に関する記事一覧です

冥王星、ついに処遇が決まる2008.06
冥王星、何だかメジャーになる2006.08
冥王星よどこへ行く!?2006.08.
冥王星は大丈夫なのか?2004.04
そもプルートって何?2004.04

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The蠍座男・松岡修造とドストエフスキー

・やたらと饒舌である。
・癖が強い。
・緊張も強い。
・何もかもが過剰である。
・熱い。
・その場を祝祭空間にしてしまう。
・まわりを巻き込みまくる。
・異常と正常の紙一重的狭間に居ながら崩壊しない。
・しつこいほどエネルギッシュ。
・良くも悪くも純真である。
・どこまでも本気である。
・蠍座である。

 以上、日本テニス界の第一人者松岡修造とロシアの文豪ドストエフスキーの共通点を挙げてみました。

 勿論彼らは並みの人間ではありません。
 天才なのでこの特色を蠍座人の特色としてそのままあてはめることには無理があります。
 ただ、天才と蠍座が組み合わさったケースの破壊的度外れ感がみごとに出ているお二人です。

 


ドストエフスキーがどういう人か、については、彼の作品を読むのもいいのですが、明治大学の齋藤孝教授の著書(←)などを参考にされるとよろしいかと。

 この本のキーワードは「癖の強い人を愛したい」と「出会いの時を祝祭に」。
 教授のドストエフスキー研究は一読の価値があります。 

また、「プルート通信」内の記事ノルウェイの森のことのコメント部分の、Steinbock氏と管理人の対話なども参考にして頂けたら嬉しいです。

 松岡修造はプロテニスプレイヤーを目指し高校を中退して単身渡米。
 ウィンブルドンでベスト8進出という快挙を成し遂げました。
 長身でノーブルなハンサム。同時通訳ができるほどの英語力。
 血統的にも日本のアッパークラス的サラブレッド。

 彼がマスコミに登場するようになったのは20年以上前です。

 当時は、いよいよ日本にも、華麗なるテニス漫画「エースをねらえ!」の登場人物、お蝶夫人や宗方コーチ、藤堂さんらを足して3で割ったような人物が現実に現われるようになったことだなぁ…と感じ入ったものでした。

  とはいえ、お蝶夫人も宗方コーチもおよそ現実離れした性格であり、漫画の中でこその人物設定だよなぁ…と思っていたのでした。

 が、しかし!

 松岡修造の怪人物ぶりは漫画をはるかに凌駕していたのです。

 TV出演時にはどんな芸人も食われしまうエネルギー。
 先日も「嵐にしやがれ」に出演していた彼。
 さらにパワーアップした無敵のエネルギー全快な松岡修造を観ることが出来ました。

 草食系男子がもてはやされ、こぢんまりとまとまったようなライトな男性が多い昨今、「ドストな人たち」(齋藤教授銘銘)は敬遠され、浮いてしまう傾向があります。

 しかし、あえてこういった人たちと接触し、時に巻き込まれ、身も心もクタクタになってみてはいかがでしょう。

 人生の醍醐味が味わえるかも知れません。 

 ・フョードル・ドストエフスキー=1821年11月11日生まれ
 ・松岡修造=1967年11月6日生まれ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

破壊と再生の蠍座・マツコ・デラックス

 テレビに映し出された彼女から発する尋常じゃないオーラ
 それに気付いたのはいつ頃だったでしょうか。 
 
 ・白いもち肌と濡れたような黒髪。
 ・鋭い眼差し。
 ・ユング心理学の”太母”を思わせるグラマラスな肉体は、異様ではなく、偉容(デラックス)―蠍座の人は、た とえ、痩せていても、どこか肉感的な印象を与える人が多いようです。
 ・唇から繰り出される、破壊力マックスの言の葉の嵐。
 ・それらを支える(かなり)建設的な精神。
 ・深い包容力。

 管理人がこれまでの人生でこれぞ蠍座の女と感じたのは、

●第14回日本レコード大賞受賞曲(’72年)、ちあきなおみの歌う喝采のヒロイン。
●ドストエフスキーの『罪と罰』のソーニャ

の二人。

  追いすがる恋人を振り切って汽車に飛び乗る(かっこいい…)。
 やがて訪れる彼の訃報。
 深い心の傷も、罪の意識も、何もかもを引き受けて、激しい情熱を水面下に秘めつつ、ブレることなく静かに生きてゆく(喝采のヒロイン)

 家族のために10代で娼婦に身を落とし、さらに、恋人の罪も人生も世間の非難をも丸ごとひっ抱え、一旦、世界を白紙に戻して(破壊)、再び再生させてゆく(ソーニャ)

 彼女たちの、廃墟の中からよみがえる不死鳥もまっつぁおな強力な生命力

 様々な悲劇を身にまといながら、本人たちは全く悲劇的にならない感じとでもいいましょうか。
 一見、災害に巻き込まれているようで、実は全く不動の姿勢を崩さない有様とでもいいましょうか。
 まさに蠍座の女の鑑ではないか、と感じていました。

  が、いずれも架空の人物です。

 蠍座宮には、マリー・キュリー(11月7日生まれ)という、理系の巨人がおりますが、彼女の話はどうしても「立派ですねぇ」という感じにしかなりません。
 というか、なんか、恐れ多くて、変態チックなネタにできないんですねぇ。

 ところが実在の人物で、大変分かりやすい蠍座の女(?)がいました。

 彼女はマツコ・デラックス
 管理人には、マツコ・デラックスのぶっとんだ怪人物ぶりと「罪と罰」の聖なる娼婦・ソーニャが重なって見えるのです。

 楳図かずお先生がいみじくもおっしゃっていた悲劇と喜劇は紙一重という言葉をよく体言している二人です。

 マツコさんの破壊力のある言動は、実は、世間に蔓延する小ざかしくもバカバカしい共通認識に毒された人々の意識を打ち砕き、それらに振り回されて疲弊している人々を新たなる(あるいは本質的な)地平へと導く力が感じられます。

 占い師か預言者のごとく、物事の本質を瞬時に見抜く彼女の感覚。
 およそ、曖昧さを許さない、確固たる信念。
 その信念に基づく言動・現象は一見、過激ですが、その目指す方向性は「建設的な生」であり、”まとも”なのです。

 今現在、不幸のどん底にいる気がしている蠍座の方々。
 おめでとうございます
 その逆境はあなたの強さを磨く磨き砂です。
 底の底まで落ちた蠍座には、底の深さに比例するほどの再生力が身についているはず。

 マツコ・デラックスさんは10月26日生まれの蠍座。
 ヒラリー・クリントン女史と同じ誕生日なのでした。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

管理人的エロスとの遭遇Ⅰ

 ・過激なわりにニブい
 ・無意識過剰
 ・普通の人が怒るようなところでは怒らないが、聞き流すようなところを突っ込み過ぎる
 ・予測出来ない行動に出る

 これらは、管理人が今までの人生の中で幾度となく聞かされた、他者による「管理人評」です。

 なんか…こうして並べてみると、蠍座の特色そのものとダブるフシがありやなしや。

 エピソード1

  中学3年のとある休み時間。

 管理人は前の休み時間に友人から借りた「りぼん」という漫画雑誌を読みふけっていました。
 学校の規則は「漫画雑誌持ち込み禁止」。
 先生に見つかったら没収されてしまいます。
 (今は昔、そういう時代があったのです)

 読めるところまで読んでしまって、無事、友人に返したい。
 必死に集中していると、周りの音が耳に入らなくなるのはこの頃からの癖。

 ある作品を読み終えて、ふと、顔を上げました。

 すると、なんと、教室中に上半身裸の男子たちが大勢いて、困惑しつつ、一部ニヤニヤしつつ、息を詰めてこちらの様子を伺っているではありませんか!

 次の時間は体育だったのですね。
 すっかり忘れていたのは言うまでもありません。

 体育は男女別で二クラス合同で行います。
 でもって、女子は隣の教室に行って着替え、男子はこちらの教室で着替えるわけです。
 ところが、管理人一人が、何故か漫画を読みふけっていて、席を立たない。
 これには男子たち、さぞ困ったことでしょう。

 あわてて体操着の入った袋を持って、席を立ちますと、
「押さえろ!出すな!」
という声がして、教室の前のドアも後のドアも男子たちが押さえています。
 もちろん彼らはふざけていたのですが…。

  ここで…顔を真っ赤にし、目に涙を浮かべ、顔を両手で覆って、その場にしゃがみこむ、あるいは
 「お願い、出して」
 と懇願する、などという可愛い態度が出たら、男子はなかなか楽しめたかも知れません。

 しかし、そんなコマンドは、中学生の管理人にはありませんでした。
 今もありません

  
 「こいつら…調子にのりやがって」

 あ、もう一つ、他者による管理人評に自分が悪いくせに逆ギレするというのがあります。
  
 この時、管理人は、ドアを死守しているある男子に注目しました。他の男子たちは全員無視です。

 パシリっぽい、ちょっと弱めのその子に真っ直ぐに接近してゆきますと、
 「え、え?」とビビっている彼のアゴを、無言で右手で掴んでねじりながらしゃくり上げました。

 彼の全身の力が抜けましたので、押しやって、ドアを開け、廊下に出て、ドアを閉めました。
 なんか教室がどよめいていました。

 後で、
 「気付かないフリして、男の裸を見たかったんだろう」
 とか言うタワケたヤツがいましたが…んなわけないでしょ! 
 一体、男の裸ってなんぼのもんですか?

 
 自分に無関係な男性の、隠されていないツルリとした裸に感じるのはエロスではなくて、無防備さ。

 相手と自分の実在がどういう関係性を持つかによって、相手の身体性(裸か着衣かはあくまで無関係です)に意味が生ずる…というか。 

  でも、まあ、この時の騒ぎは管理人が全面的に悪いのですよ、勿論。
 中学生だった当時のクラスメイトたちよ、本当にごめんなさい。

管理人的エロスとの遭遇Ⅱに続きます。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

冥王星、ついに処遇が決まる

はるか彼方の宇宙より、冥王星、再び、つぶやく…
Andromeda_galaxy_2

 お久しぶりです。 
 私、さそり座の支配星であるところの、冥王星です。 
 えーと、’06年8月、冥王星、なんだかメジャーになるという記事で
冥王星が太陽系惑星から追い出されたことをお伝えしました。

  あれから2年経ったのですね。
 果たして、その後、冥王星はどうなったのか?という問題につきままして、すでに大方の人が、キレイ、サッパリ忘れていたことと存じます。
 当然です。
 私自身も忘れておりましたから´`(´∀`)´`。

で、なんか、この程、私の身分というか、待遇といいますか、処遇が決まったとの知らせを小耳に挟んだ次第。

 国際天文学連合(IAU)は、6月11日、惑星の基準を満たさない準惑星のうち、海王星の外側にあるものを
冥王星型天体―プルートイドと呼ぶことを決めたのだそうです。

はぁぁ……

 これに分類されるのは冥王星とエリスだとか。

 つまり私は冥王星型冥王星―プルートイドプルートってわけですね。

なんか…ドラエモン型ドラエモンみたいな。

 冥王星が一体、何に属するのか、脳みそがウニになりそうな程、散々議論されたあげく、やっぱ、分類不可能という結論に達し、じゃー、冥王星型天体というグループを作っちゃうしかないんじゃね?
 と、なったんでしょうか。 

 そういえば、国際保護鳥に指定されている朱鷺という美しい鳥の学名はニッポニアニッポンというんでした。
 ちょっと、似ていますね。

 ちなみに、ニッポニアニッポンという名を持ちながら、すでに、日本産の朱鷺は絶滅しています。
 日本最後の朱鷺のキンさんは2003年10月10日に死亡ました。
 今、日本にいるのは、たしか中国からおくられた朱鷺です。

 美しいものは儚い……。
 でも冥王星と朱鷺は、およそ似ても似つかないわけですが
´`(´∀`)´`。

 ま、関係者の方々、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冥王星、なんだかメジャーになる

 はるか彼方の天界から……冥王星つぶやく

 前回、プルート通信管理人が冥王星よどこへ行く!?を書いた翌日の2006年8月24日(日本時間午後10時30分過ぎ)、ついに、私、冥王星は正式に惑星ではなくなったそうです。

 それでですね、あの~私、こんなにメジャーになっちゃって、すんごいびっくり、というか照れくさいというか。

 だって、冥王星なんて、あなた知っていました? たとえ名前くらいは聞いたことがあっても、ほとんど興味なかった、という方が大半でしょう!? 

 それが、今回の件で世界中のかなりの数の人々が私のことを話題にしているわけですよ。
 日本の東の、とある小さな町の商店街でも、茶髪のお姉ちゃんたちが「水、金、地、火、木…」とか言っているし。

 管理人がこのサイトを立ち上げたときの知人たちの反応は
 「プルートってディズニーのイヌだっけ?違うの?え、冥王星?へぇぇ~…」
 と、まあ、おおむねこんな感じだったようですが、まあ当然でしょうね。

 そもそも私は、こんな騒ぎになるなんて想像もせず、ただ静かにマイナーに、こっそりと、あくまでマイペースに一応、太陽の周りを回っていたのでして……。
 そりゃ、「ちゃんとした軌道をふんでいない」という意見もおありでしょう。でもね、それが冥王星なんです!

 76年前に発見され、よく分からないうちに惑星の称号を与えられた時も「なんか、それって本当ですかぁ?」といった、全く他人事のような感覚だったんですよね~。

 なので今回、惑星から降格だの、Dwarf Planetになっただの、さよーならだのと言われても、「なんだかなぁ」って感じなんです。
 自分とは与り知らぬところで、揚げたり下げたりされてもねぇ。
 梅雨時の洗濯物じゃないんですから。

 ワシントンポスト紙の記事の見出しなんて「惑星・冥王星は死んだ」ですよ。勝手に殺すんじゃな~い!

 私自身は今まで通り、特に何も変わっておりませんので、まあ、そのあたり、ご了承いただければ幸いなんですけれども。

冥王星、ついに処遇が決まるに続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冥王星よどこへ行く!?

 え~、皆様すでにご存知かと思いますが このほど、冥王星がついに、ついに太陽系から追い出されるハメにあいなりましたことを、ここにご報告いたします。

 いや~、いつかこんな日が来るんじゃないか、とは思っていたんですよ´`(´∀`)´` 。
 管理人が2004年にUPした記事冥王星は大丈夫なのか?に、それに関する懸念が書かれておりますが、まさにバッチリと的中しました。
 
 今回の一連の動きを要約すると……。
 
 冥王星みたいなアナーキーなヤツも太陽系の惑星っていうんなら、セレスやカロンや第10惑星も仲間にいれなきゃダメなんじゃん?と、国際天文学連合(本部・パリ)言いける。

 すると、 まてまてまて、あいや、まちやがれ~、 するってえと、おまえさん、惑星の定義ってぇのは一体何なんでぃ?

 セレスってのは小惑星じゃなかったのかね?

 そもそもカロンってぇのは冥王星の衛星よ。
 だったらョ、おらっちのお月さまの立場をどうしてくれるんでぃ?
 冥王星なんてぇ月より小っこいんじゃないのかぇ。

 などなどの騒動に発展す。

 えぇ~い、えぇ~い、なんとまあ面倒くさいlことよのう!
 そもそもすべての元凶は、冥王星が惑星になっちゃっているということ。
 ってーことはぁ、あれだね、冥王星から,惑星の定義を剥奪しちゃえばすっきりするんじゃないかね?
 まあ、冥王星を発見したアメリカは大騒ぎするだろうけど、そりゃーしょーがないやね。
 
 と言ったかどうかは知らねども、国際天文学連合は’06 8月23日惑星を増やすのをやめてぇ、惑星の定義から外れる冥王星を惑星とするのを以後やめちゃうかんね。という結論を目指して、調整に入ったことは確かみたい。

 現在、太陽系の惑星は水、金、地、火、木、土、天、海、冥の9つ、ということになっていますが、このほどすいきんちかもくどってんかいで終わり、ということに。

 なんだかしっくりこねぇなぁ、おまえさん。
 「どってんかい?」
 なんて聞かれても、何て答えりゃいいのかねぇ。
 最後の”めい”がなくなっちまって、しまりがないったらありゃしねぇ。

 「だからといって冥王星がなくなるわけじゃあない。人間の決めた定義が変わるだけじゃ。冥王星が蠍座の支配星であることには変わりはないのじゃよ」と満天王
 
 ちなみに蠍座は2005年11月から2006年の11月までは12年に1度の大幸運期。はからずも、その幸運期の最中に、支配星が太陽系惑星から追ん出されるなんてぇ、さすが蠍座だぁ。粋だねぇ(意味不明)
´`(´∀`)´` 。

冥王星、何だかメジャーになるに続きます。
 
★プルート通信内のさそり座に関する記事。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲劇の母性・ローズマリーの赤ちゃん

 ロマン・ポランスキー監督のスタイリッシュなサイコ・ホラー映画、ローズマリーの赤ちゃんROSEMARY'S BABY(’68年・日本初公開)。

 あこがれのマンハッタンの高級アパートメントに引っ越してきたヒロインのローズマリー。

 可愛いらしいファッションに身をつつみ、カルチャースクールに通い、夫や友人とともに観劇や外食を楽しむ若妻。

 ローラアシュレイ風にリフォームした室内に最新の家電をそろえ、暖炉をたいてディナーを整え、リビングでパーティを開く生活です。cover

 映画が公開された当時、日本でそんなライフスタイルを実践している主婦はまれな存在で、映像で垣間見るアメリカの豊かさは圧倒的でした。

 戦後からずっと、日本人はこの豊かさを目指して頑張ってきたのだなぁとしばし感慨しきり。

 しかしそんな表面の豊かさとはうらはらに、画面には始終重苦しく沈鬱な雰囲気が漂います。

 それは、親切な隣人たちが、実は悪魔のしもべ(!)だからというわけではありません。

  この映画の恐さの根底にあるのは、一点の曇りもなく幸せそうな主婦が陥る、動かしがたい閉塞感と、狂気です。 

 何もとりたてて、本物の悪魔を登場させずとも、世の中には、親しげな隣人の悪意、カルトや妖しげな宗教、インチキ商法やネズミ溝といった、他人を食い物にしようとする物事が渦巻いており、不安と閉塞感を抱いているローズマリーのような主婦ほど、その格好の餌食になり易い現実を彷彿とさせるのです。 

 さらに、この映画がうまく出来ているのは、妊婦が妊娠によって陥る異常な状態をとことん利用していること。

 妊娠の経験がある方はおわかりでしょうが、軽度から重度まで、妊婦がマタニティー・ブルーに陥いるのはよくあることです。

特に悪阻の時の、味覚・嗜好の変化は、人により、なかなかスゴイものが。
水を飲んでも吐いてしまうので、病院で点滴を打っていた人。
「悪阻の時期、これを食べずにいられなかった物」の中には、お茶っ葉、青いトマト、炭酸が飲めなかった人が2ヶ月程ほぼコーラのみで生きていたとか、中には白墨をかじった(!)という人まで。

 ローズマリーが手づかみで、生のレバーをムシャムシャやるシーンに「わかるわ」と思った方、いるでしょう、きっと。

 さらに、家庭用の医学書を紐解けば、
「子宮外妊娠」「羊水異常」「逆子」「先天性異常」「前置胎盤」「早期破水」「胎盤早期剥離」「胎児死亡」
などといった用語が記載されており、加えて、息苦しさ、腰痛、下肢のむくみ、疲労その他でいやがうえにもナーバスになりがち。 

 一体、ローズマリーが、マタニティーブルーによる妄想でおかしくなっているのか、それとも…!?というあたりが怖い!

 ともあれ、ジェットコースターのような映画の醍醐味に思いっきり振り回されるのが一番いい楽しみ方でしょう。

 ただし妊婦さんにはお奨めしません
 産んでから観て下さい。

 映画の舞台となったのは、故ジョン・レノンも住んでいたN・Y最初の超高級アパートメント、ダコタ・ハウスです。

 ローズマリーを演じたミア・ファローの薄幸そうな雰囲気が作風にぴったり。

 悪魔の隣人ミニー・キャスタベットを演じたルース・ゴードンはこの作品でアカデミー助演女優賞を受賞しています。
 なるほどルースの演技は悪魔も思わず舌を巻く出来で、拍手喝采もの。彼女が10月30日生まれの蠍座だからって肩入れしているわけではありません。

 そして実は映画よりもスゴイのがアイラ・レヴィン作の小説「ローズマリーの赤ちゃん」の方。

 管理人の手もとには叔母から譲り受けた昭和42年10月発行・早川書房の新書版があるのですが、これがなんと販売当時、後半部分がブルーの袋で閉じてあったのです。
そして冒頭には読者に宛てた次のような記述が。

あなたはこの小説を途中でやめられますか?
やめられたら代金はお返しします

ー中略ー封をやぶらずに小社まで直接ご持参くだされば、お一人1冊につき代金をお返しします」

  もちろん封はとうの昔に破られておりました。叔母は途中でやめられなかったようです。

 早川書房の読者への粋なアプローチに頼もしさを感じつつも、「ホントにそんなに面白いのかいな?」と半信半疑で何気なく読み始めたとたん、文字通り途中で止まらなくなり貫徹してしまったのでした。

 時あたかも中間テストの真っ最中。試験勉強のほんの息抜きのつもりだったのですが…。第一級のエンターテイメントって本当に恐いです(笑)。

蠍座:10/23~11/21水の宮、支配星は冥王星

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蠍座のプリンス・オブ・ウェールズ

 プリンス・オブ・ウェールズとは英国のチャールズ皇太子のことです。
 「ダイアナは興味あるけどチャールズって一体、何してる人なの…?」という方は多いですよね。チャールズ皇太子の誕生日は11月14日。ダイアナの誕生日は7月1日。この2人、蠍座(チャールズ)と蟹座(ダイアナ)で星座的な相性はいいはずなんですが、なんといっても趣味志向がまったくかみあわなかったようです。

チャールズ皇太子は学問や芸術、伝統を愛する保守的な教養派。古いものと相性がいい蠍座っぽく、スポーツは乗馬にポロ、狩猟、フィッシングを愛し、好きな音楽は室内楽、楽器はチェロ。信頼のおける旧友たちと学術的な会話を楽しみ、ガーデニングにも造詣が深く「皇太子のハイグローブの庭」は各種園芸雑誌にも取り上げられています。

 一方ダイアナは学問や読書は得意ではなく、アウトドアも伝統も苦手。最新流行のスポットやファッション、映画やダンスが好きで、音楽はロックやポップ、食事は若者に人気のレストランやファストフードを愛したのでした。

 王侯貴族の社会的役割の一つに慈善事業ーボランティア活動があります。ボランティアといえば、晩年のダイアナは精力的な活動で世界中の注目を集めました。マザーテレサに心酔し、戦災や不治の病などで傷ついた人々を癒す姿は、蟹座らしい深い母性に満ちていました。

 実はチャールズ皇太子のボランティア活動も相当なもの。380を超える慈善団体の総裁及び後援者をつとめ、毎年数千万ポンドの資金調達を支援しています。

 いくつかの例をあげますと、若手失業者の職の斡旋のための基金団体、国民の統合的な健康を目指す団体や、国際的なビジネス社会で活躍するリーダーを支援する団体などがあります。

 西洋の伝統芸術を継承するために、皇太子が設立した芸術学校ーThe Prince’s School of Traditional Artは、建築上のプロジェクト、幾何学、セラミックス、ガラス板、木彫、絵画および織物などの質の高いコースを提供、そこで学ぶ学生を支援しています。

 また芸術に従事する若い人々を激励するために、‘02年6月バッキンガム宮殿にArt & Kids財団を設立。ダンス、演劇、オペラ、文学および視覚芸術を含むすべての芸術を志す子供や若者と、ビジネスの世界との橋渡しをしています。

 ‘03年には祖母エリザベス皇太后のあとを継いで
ザ・ナショナルトラスト
の総裁にも就任しています。

 エリザベス女王の強力な存在感の前に、いまひとつ影がうすいチャールズ皇太子ですが、王族としての立場をわきまえ、さまざまな活動を通じてNoblesse Obligeー高貴なる者の義務をきちんと果たしているのです。

ツートンケルティッククロスペンダント
アイルランドのアクセサリー


 蟹座:6/22~7/22、水の宮、支配星は月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいえ、私は牡牛座の男

 蠍座のイメージに大いなる影響を与えたのが、美川憲一氏の歌う「さそり座の女」でしょう。
♪あなたは遊びのつもりでも地獄の果てまでついて行く♪ 恐いですねー、こういう人。しかし、すべての蠍座がこんなストーカーチックな人間関係が好みか、というとそんなことはありません。

 個人的な見解をいいますと、蠍座ってもっと自分本位の星座です。
好きになった相手と一体化もしくは深く融合しようとする性癖はあるにせよ、あくまで自分本位。相手が遊びだろうが、だますつもりだろうが、当の蠍座にとって、そんなことはどうでもいいことだったりします。

 対象が人であれモノであれ情熱をかたむけて接する傾向がありますが、一期一会的。その時その時に集中するので、惰性でいつまでもズルズルひっぱるような執着心はむしろ薄いんじゃないか、と。

 蠍座は破壊と再生を繰り返す星ということなので、人間関係の破局はむしろ新しい世界へのステップとしてなんなく受け入れます。というか、破局を破局とも思わない感性の持ち主だったりするのです(苦笑)。

 ところで、ミステリアスなメイクと怪しいムードで「さそり座の女」を歌う美川憲一氏の誕生日は5月15日。蠍座ではなく牡牛座です。しかもこの日は美輪明宏氏の誕生日でもあります。

 このお2人、共通点が多いですよね。元祖おねえキャラで元祖ビジュアル系。芸能界の一角に独自のポジションを築きあげ、性別を越えたカリスマ性で多くの人を魅了しています。
 
 このお2人は人並みはずれた悲しみや葛藤を内包しているような感じです。だから感受性や優しさも並外れて高いはず。概して牡牛座は実直で誠実。コツコツ努力をいとわず物事にじっくり取り組む姿勢は感心します。
 ものの所有と安全の確保に対する欲求が強い牡牛座は、守護星の金星の影響もあって、身のまわりに美しいものを置きたがる傾向があり、身内をことのほか大切にします。
 そういえば誕生日が5月4日のオードリー・ヘップバーンは、映画のロケ先にまでお気に入りの家具や雑貨や花を運ばせ、宿泊先を自宅とまったく同じインテリアにしていたとか。
 一見エキセントリックな行為に見えるかも知れませんが、それほど自分をとりまく物質から受ける精神への影響が大きいのが牡牛座の特色なのでしょう。

 美川、美輪のお2人も、豪華な調度品に囲まれた自宅でくつろぐ時間が何よりも大切なのではないでしょうか。

 牡牛座:421~521、地の宮、支配星は金星

| | コメント (0) | トラックバック (0)