薔薇と、蟹座の星の王子

2

 突然ですが、誰かが、”自分にとって唯一無二の存在になる”、とはどういうことでしょうか?

 世の中には星の数ほどの人間がいるのに、なぜ”その人”なのでしょうか。

 その答えの一つをサン・テグジュペリの小説「星の王子さま」が教えてくれます。


 あまりにも有名なお話なので、ご存じの方も多いかと思いますが、ここでは王子と薔薇の関係に絞って、かいつまんでおさらいしてみます。

            ★
            ★
            ★          

 
  ある日どこからともなく、王子の住む小さな惑星にその種はやってきた。種は芽を出し、やがて、胸を打たれるような美しい薔薇の花を咲かせた。王子はかいがいしく世話をするのだった。
 
 ところがその薔薇は何かと手がかかる上にプライドが高く、世話をしてくれる王子に感謝する様子もない。

 自慢屋で、ちょっと意地悪で、見栄っ張りなのだ。

 世間知らずで生真面目な王子は、薔薇のそういった性質にいちいち傷ついてしまい、みじめな気持ちになって落ち込み、薔薇と別れるべく自分の惑星を去る。

 宇宙を旅して様々な惑星を訪れ、様々な経験をした後、地球にやってきた王子。
 そこで一匹のキツネ(物語中もっとも重要な存在だと管理人は思う)に出合って気が付くのである。

 
 この世には何千何万の薔薇があるけれど、自分が手間と時間をかけた薔薇は、小さな惑星に残してきてしまったあの花だけだったこと。
  
 あの薔薇が、殺風景だった自分の惑星を華やかな明るい場所に変え、いい香りで包んでくれていたこと。
 そのために薔薇は大変なエネルギーを使っていたこと。
 そこにこそ薔薇の王子に対する愛情があったこと。 
 
 強くて尊大に思えた薔薇は、実はとても繊細でか弱い存在だった。自分が世話をし、守ってやらねば生きていけないようなはかなさだったこと。

 薔薇の言うことなんて彼女の本心じゃなかったこと。 

 他愛のない憎まれ口や自慢や、黙り込んだりすることにも耳を傾けてやり、水をやり、ついたてで風をよけてやり、ガラスの覆いをかけてやり、毛虫を(蝶々になるのを待つために二、三匹残しておいた以外)退治してやった唯一の、自分だけの薔薇だったこと。

  それなのに、自分が子ども過ぎて、薔薇のあるがままの存在を楽しみ愛することができなかったこと。

 別れの朝、薔薇は言ってくれていた。
 
  「わたし、ばかだった。
  そうよ、わたしあなたを愛してる。
  知らなかったでしょ。
  わたしのせいね。
  でも、あなたもわたしと同じくらいばかだった
  ごめんなさい…幸せになってね」
 
 しかしこの期に及んでも自分は何も分かっていなかったこと。 
 自分は薔薇のもとを去るべきじゃなかったこと。 
 なつかせた薔薇には責任があること。

 そうして王子は薔薇のもとへ帰る決心をする。
 しかし、物理的に帰還するのが不可能だったので、彼は魂となって帰還しようとするのであった。

           ★
           ★
           ★

 最初から「特別な人」というものが存在するわけではない。
 自分が発見し、手間と時間をかけ、思いをかけた人であればこそ特別な人となるのだ。
 
 誰かを愛するというのはあくまで主体的、能動的な行為であって、愛されることばかりを期待する受動的なものは愛とはいえない。

 このことは恋愛にだけあてはまるものではなく、友情や仕事や物事においても同様である。

 自分が愛したもの、関わった事への矜持

 蟹座のサン・テグジュペリはそんなことを教えてくれます。

 

 さて、冒頭の写真は折り紙で折った薔薇です。

 「百合の花」だの「鶴」だのと違って複雑で、かなり手間暇がかかります。

 それにしても一枚の正方形の紙が、糊もハサミも使わずに折りたたんでいくだけで本物さながらの薔薇になるのですからまるで魔法のようです。

 この折り紙の薔薇、管理人はかつてインターネットの動画を参考に挑戦したことがありましたが、途中で挫折しました。
 自力ではとうていムリでした!

 今回完成に至ったのは優秀で辛抱強い指南役がいたからです。

 その指南役の方も蟹座(半同居人とは別)です。

 管理人の知るかぎりにおいてですが、蟹座の人って細部に至り最後までちゃんとやるんですよねぇ。
 
 さすがです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本格的ゆるやかな自立

 管理人の同居人は蟹座人と獅子座人の二人です。 

 この初夏から、これまでの同居の形態を根本的に変えました

Photo_3 実はわが家は同じマンション内に、A号室B号室の2戸を所有しています。

 これまで、3人でA号室に暮らし、蟹座人の仕事場もA号室にありました。

 蟹座人の事務所として購入したB号室は、結局使い切れずに、物置状態が10以上年も続いていたのです。
 3LDKを遊ばせておいたんですよ!
  なんとアホらしくも、もったいないことでしょう

 A号室は90平米弱の4LDKなのですが、3人それぞれの仕事道具や私物で満杯状態でした。

 目に見えるところはそうでもないのですが、作り付けのワードローブやウォークインクロゼット、及び蟹座人の部屋などは、なんと言いましょうか…足を踏み入れられない秘境のような、異次元に通じてしまうような様相を呈しており、ちゃんと稼動しているとはいえなかったのです。

 満杯のA号室と誰も使わないB号室。
 どーにかしろよ蟹座!!
 ってかB号室、いつ使うの?今でしょ!
  

 というわけで…この春、獅子座人が学業を終え、3人全員が職業を持つ社会人になったのを機に、皆で話し合って以下のような取り決めをしたのです。

 Photo_5

蟹座人は生活と仕事の拠点を80%ほど、B号室に移す
 お風呂と洗濯機はA号室を使い(B号室のお風呂と洗濯機は10年以上使用していなかったため、本格的なリフォームや買い替えをしないと使えない)、食事はどちらでどのようにとってもよい。

 A号室には管理人と、いつか独立するまでの獅子座人が生活の拠点を置く
 蟹座人のための仕事スペースコーナーは残す。
 
 食事はそれぞれが自分の分だけ用意する
 朝食は今までも各自そうしていたが、夕食においても基本的に他者の食事の世話や心配はしない。
 何時に帰宅しようと、A、Bどちらで食べようと、外食しようと、互いに干渉はしない。
 ただ、家以外の場所に宿泊する場合は報告しておく。

 勿論、誘い合って、一緒に作ったり、一緒に外食をするのも自由だが、ウィークデイは基本的に、夕食の買い物も食事作りも自分の分だけ。

 A号室の冷蔵庫や食料庫の常備品(卵、ハムやベーコン、お米、パスタ、乾麺類、缶詰、瓶詰、レトルト食品、保存食品、お酒など)は、いつでも誰が使ってもよい 
 
さて、そのようにした結果、3人の生活は……。

 蟹座人は、ロケなどがない日は、朝はB号室からA号室に通ってきて、朝食をとり新聞を読む。
 他の二人が出勤した後、ゴミを出し、お風呂掃除をして自分の分の洗濯をしてB号室に戻ってベランダに干し、AかBのどちらかで仕事。

 途中、夕食の買い物。
 
 夜はA号室にてお風呂と夕食をすませ、B号室に戻って就寝という変形通い婚状態(笑)。

Photo_7
 蟹座人は以前から欲しかった飲み物専用の保冷庫(保温庫にもなるそうな)や生活雑貨などを購入。

 B号室のキッチンでも軽食くらいは作れるように小型の冷蔵庫や、電子レンジなどを検討中。 

 B号室は蟹座人の暮らしたいように部屋を使い、仕事関係の来客や取材もすべてそちらで行うことに。

 特技のヴァイオリンの練習も再開できるでしょう(A号室でやられちゃたまんないが)。
 …たまにはB号室で3人で鍋や鉄板焼きでもするか…。
 
 A号室では蟹座人から贈られた”ディーガプラス”というポータブルテレビで家中どこでもテレビが観られるようになりました(余談ですが、タッチパネルで操作できるっていいですね。日々どれだけの時間がテレビのリモコン探しに費やされていることか…)。

 でもって、今までのA号室の蟹座人の10畳ほどの部屋は、ゆくゆくはキレイにリフォームして一部畳敷きにでもして、和服の好きな獅子座人が桐の箪笥を置く予定だとか。
 

 ちなみに昨晩、それぞれが用意した夕食の内容は以下でした。

 ●蟹座人は、デリカテッセンの鶏の照り焼きと春雨サラダ、枝豆とビールとご飯。
 ●獅子座人は、ひき肉とピーマンとネギの中華風ピリ辛炒めとスープとご飯。
 ●管理人は、鰯のガーリック・ハーブ焼きとホワイトアスパラガスのサラダと赤ワイン。

 獅子座人の漬けた浅漬けと缶詰のムール貝など。

 3人が同じ時間帯にそろったので、お互いの料理を分け合いつつ和気藹々と食卓を囲みました。

 みんな…ちゃんと出来るじゃんhappy01heart04

 あまった中華風炒めは本日、管理人の朝食のオムレツの具になり、鰯のハーブ焼きは炒めトマトと合わせて獅子座人の昼食のパスタの具材になり、鶏の照り焼きは蟹座人が生野菜とともにトーストに挟んで昼に食べていました。
 
 さて、今まで・・・どんなに仕事が忙しかろうと家族の夕食は自分が用意することを当然としていた管理人。
職場を出て、帰りにマーケットで食材を仕入れ、台所で料理を仕上げるまでノンストップ、というルーティンでした。

Yakionigiri
 その義務がなくなった今、自分の分だけの食材の購入も、料理作りも、家事もいたってシンプルで自由なものになりました。

 例えば休日などは、午後5時くらいに飲みながら本格的な食事をして、夜はおにぎりだけですませても、あるいは、夜、散歩がてら買い物に出て、時間を気にせず本屋で立ち読みをしたり、映画のレイトショーなどを観に行くことも出来ます。写真は焼き味噌おにぎり。紫蘇の葉は獅子座人の猫額ハーブガーデンから。
 
 今日はあっさりした湯豆腐かなんか食べたい、と思っていたのに、夕食がグリーンカレーだった…ということも、もうなくなります(笑)。

 小型の土鍋で一人鍋だって出来るし、帰宅途中の商店街やスーパーやコンビニは強い味方ですしね!
 朝食を駅ビルのカフェですませて仕事に行くのもいいものです。

 つくづく…おひとり様サイズの生活がし易い世の中になったものですね。
 
 他人のことによけいな干渉をせず、自分の分を誰かに丸投げせず、自分のことは自分でやる人間同士が、協力して暮らす、というやり方は、わが家においては、それぞれの義務が最小限で、自由度も広がり、以前にもましてよりよい関係になれた感があります。

 だからといって別にオススメはしません。
 家族のあり方には多様性があり、どういう暮らし方をいいと思うかも、人それぞれ。

 わが家にしても、これまでのプロセスがあればこその、今現在の選択なものですから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

月と豆腐と蟹座

 豆腐ってお月さま的食べ物だと思いませんか?
 もちろん現実の月ではなくて、あくまで観念的な月。冷んやりと白くて、ふるふるっとした食感は月の持つイメージと重なっていて、月といったら、お団子よりは豆腐が食べたくなる管理人です。

 豆腐はアワビやフカヒレやふぐを食する時のように高いテンションを必用とせず、インドカレーやタイ料理のように攻撃性を刺激されることもありません。和み系食べ物の代表格ではないかと思われます。激しい自己主張はなく、しかし滋養にみちていて、味わいは淡い上にも深い。体にもお財布にもやさしい。夏の冷奴もいいのですが、寒い時期の湯豆腐というのもいいものです。

00000001.jpg

 鱈や野菜を入れたものもいいのですが、時にはシンプルに豆腐のみでやります。土鍋などに昆布を敷いて水をいれ豆腐を煮ます。豆腐がぐらぐらっとゆれたらほどよく温まっていますので、火からおろして、薬味などを添え、お醤油で食べます。いたって簡単。

 薬味は、きざんだネギや柚子、おろし生姜、和からし、柚子胡椒など何でも好きなものを用意するのがいいのですが、個人的に好きなのが、削りかつをと醤油をかけて、というもの。
 豆腐の味がストレート味わえるのがいいのです。管理人がこれをする時には、柔らかめの豆腐をつかい、あまり長時間煮込まず、さっと暖める感じで食します。

 電子レンジでほどよく温めた寄せ豆腐に、出汁のあんかけをかけて生姜を添えて食すというのもとても好きです。こちらはまさに夜空に浮かんだ月という感じ。

 そうそう、にごり酒も月っぽいと思うんですよ。白濁したまろやかなお酒は、液体の月という感じ。お豆腐とにごり酒は大好きな組み合わせです。


 ところで、月が支配星であるところの星座は蟹座です。
 激しい自己主張はなく、しかし滋養にみちていて、味わいは淡い上にも深くやさしい……というのは、先ほど豆腐の特色として挙げたものですが、これは蟹座の人の特色にもそのまま、あてはまるものです。
 蟹座と月と豆腐。はからずも、三題噺のようになってしまいました。

蟹座:6/22~7/22、水の宮、支配星は月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蟹座ー獅子座のヘミングウェイとカリブ海のカクテル

 近年の日本の夏は暑い。夏だけ熱帯地方になったのかと思うくらい暑いです。 もはや川にワニやピラニアがいたとしても驚かないくらいトロピカル。
 真夏日には都市部のビルは屋上からスプリンクラーかなんかで水をまくという条例でも作ったらどうか、と本気で思う今日この頃です。

 太陽が支配星の獅子座の皆さんはどんな暑さをもものともせず、あいかわらずお元気でお過ごしのことと存じます。晩秋生まれの管理人はヘトヘトです。

 こんな夏の日の夕暮れ、仕事を終えてシャワーを浴びた後に飲むのにぴったりのお酒がモヒートです。0708in.jpg  
 モヒートというのはキューバを代表するカクテル。作家アーネスト・ヘミングウェイがこよなく愛し、その昔カリブの海賊たちが飲んでいたともいわれています。

 材料と作り方はいたって簡単。管理人のレシピは、大きめのタンブラーにライム半分をぶつ切りにして入れ、砂糖大さじ一杯弱を加えます。
 小ぶりのスリコキ棒かスプーンでライムを押しつぶして香りと果汁を出します。そこにラム酒を大さじ1~2杯ほど注ぎ、氷を適宜入れ炭酸水を注いでよく混ぜます。これだけ。 


ラム酒
はホワイトからゴールド、ダークまでお好みで。自分なりのレシピを研究するのも楽しいでしょう。砂糖キビを発酵させて蒸留したラム酒は砂糖の甘さがとても合います。

 正式にはミントの葉も使うのですが、管理人はライムだけで十分しあわせです。ミントの葉のかわりにミントリキュールをたらしてもいい。家庭菜園でミントを作っている方はたっぷりお使いください。
 生のライムが手に入らなければ(というか生のライムはけっこう高いので)、市販のカクテル用ライムジュースやレモンなど他の柑橘類を使っても美味。

 モヒートはできれば庭や縁側やベランダに出て風に吹かれて飲みたい。カリブ海に浮かぶ船の上で潮風に吹かれているところを想像したりして。夏の夕暮れ時、セルリアンブルーの空の下での安上がりなお楽しみ。もちろん未青年は成人してからのお楽しみ。

 ヘミングウェイの誕生日は7月21日。蟹座の最終日一日前なので獅子座の影響を強く受けているそうです。

 ハイスクール卒業後、見習い記者として新聞社に入社。2度の従軍や特派員生活をへて作家活動に入りました。ヨーロッパ各地、アフリカへと旅を重ね、キーウェストをへてキューバへと移り住みます。キューバを最も愛していた彼は、生涯のうち一番長い時間をそこで過ごしたのでした。

 天衣無縫でさまざまな伝説を持ち、冒険とアウトドアと美食をこよなく愛したヘミングウェイ。飽くなき好奇心と肉体と繊細な感性をフル稼動させた人生は、さながら元気一杯な子どもの夏休みを生涯にわたって贈られたかのような人生でした。


グラミチストアアウトドアウェア&グッズならここ!

蟹座:6/22~7/22、水の宮、支配星は月

獅子座:7/23~8/23、火の宮、支配星は太陽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蠍座のプリンス・オブ・ウェールズ

 プリンス・オブ・ウェールズとは英国のチャールズ皇太子のことです。
 「ダイアナは興味あるけどチャールズって一体、何してる人なの…?」という方は多いですよね。チャールズ皇太子の誕生日は11月14日。ダイアナの誕生日は7月1日。この2人、蠍座(チャールズ)と蟹座(ダイアナ)で星座的な相性はいいはずなんですが、なんといっても趣味志向がまったくかみあわなかったようです。

チャールズ皇太子は学問や芸術、伝統を愛する保守的な教養派。古いものと相性がいい蠍座っぽく、スポーツは乗馬にポロ、狩猟、フィッシングを愛し、好きな音楽は室内楽、楽器はチェロ。信頼のおける旧友たちと学術的な会話を楽しみ、ガーデニングにも造詣が深く「皇太子のハイグローブの庭」は各種園芸雑誌にも取り上げられています。

 一方ダイアナは学問や読書は得意ではなく、アウトドアも伝統も苦手。最新流行のスポットやファッション、映画やダンスが好きで、音楽はロックやポップ、食事は若者に人気のレストランやファストフードを愛したのでした。

 王侯貴族の社会的役割の一つに慈善事業ーボランティア活動があります。ボランティアといえば、晩年のダイアナは精力的な活動で世界中の注目を集めました。マザーテレサに心酔し、戦災や不治の病などで傷ついた人々を癒す姿は、蟹座らしい深い母性に満ちていました。

 実はチャールズ皇太子のボランティア活動も相当なもの。380を超える慈善団体の総裁及び後援者をつとめ、毎年数千万ポンドの資金調達を支援しています。

 いくつかの例をあげますと、若手失業者の職の斡旋のための基金団体、国民の統合的な健康を目指す団体や、国際的なビジネス社会で活躍するリーダーを支援する団体などがあります。

 西洋の伝統芸術を継承するために、皇太子が設立した芸術学校ーThe Prince’s School of Traditional Artは、建築上のプロジェクト、幾何学、セラミックス、ガラス板、木彫、絵画および織物などの質の高いコースを提供、そこで学ぶ学生を支援しています。

 また芸術に従事する若い人々を激励するために、‘02年6月バッキンガム宮殿にArt & Kids財団を設立。ダンス、演劇、オペラ、文学および視覚芸術を含むすべての芸術を志す子供や若者と、ビジネスの世界との橋渡しをしています。

 ‘03年には祖母エリザベス皇太后のあとを継いで
ザ・ナショナルトラスト
の総裁にも就任しています。

 エリザベス女王の強力な存在感の前に、いまひとつ影がうすいチャールズ皇太子ですが、王族としての立場をわきまえ、さまざまな活動を通じてNoblesse Obligeー高貴なる者の義務をきちんと果たしているのです。

ツートンケルティッククロスペンダント
アイルランドのアクセサリー


 蟹座:6/22~7/22、水の宮、支配星は月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水の宮の三姉妹

 蠍座は、蟹座、魚座と同じ水の宮

 火の宮(牡羊、獅子、射手)や、風の宮(双子、天秤、水瓶)、地の宮(牡牛、乙女、山羊)に比べてウェットな人たちが多そうだと推察できますよね。

 水の宮の人たちは人情に厚く、感情が豊かということになっています。

 蟹座、蠍座、魚座は同じ水でもそれぞれに違う水の性質をもっているそうです。

 昔聞いた話によると、水の宮のトップ蟹座は泉
 優しくて家庭的な博愛精神の持ち主で、人を癒し潤す泉の水だそう。

 末っ子の魚座は海
 万物を育む母なる海に象徴される魚座の魂は、情緒的で宇宙と一体化しているとか。

 でもって真ん中の蠍座は、というと、なんと底なし沼(!)

 あー、そうなんですね。
 やっぱり…というか…そこまで言う、というべきか。
 蠍座は、人間世界の酸いも甘いも、善も悪も、喜びも憎しみもすべて飲み込む底なし沼的エネルギーの持ち主、ということですが……あんまり嬉しくないかも。

 泉や海にたとえられれば嬉しい人は多いでしょう。
 しかし、底なし沼のようだといわれて一体だれが喜ぶでしょうか。

 むしろこれで喜んでいたら変人のレッテルはまぬがれません。
 もうちょっとマシなたとえはなかったんですかぁっ?
 
出来の良い姉と妹に囲まれてグレちゃいたくなる真ん中の子の気持ちがよ~くわかります(笑)。

魚座:2/20~3/20 水の宮 支配星は海王星

| | コメント (0) | トラックバック (0)