« 福が来る準備をする | トップページ | 冥王星、いきなり激写される »

Spring has come

 3月の末に挙式を予定している甥っ子のために作っていたウェルカムボードが完成しました。

 
Welcom_boad_2

 2人の似顔絵と洋紙で作った花や文字を組み合わせて構成してみました。

 幼い頃から精神年齢が高く、周りの調整役だった長男坊のK君。
 「夫」や「父」という立場こそ最もK君に似つかわしいと感じます。


 今回をもって適齢期の甥っ子3人全員が妻帯者となりました。

甥っ子の婚礼その1

甥っ子の婚礼その2

甥っ子1と2はすでにパパです^^。

 年明け頃から仕事がオフの日などに少しずつ作りはじめたウェルカムボード。


 完成して引き渡しが済んだら、春が来ていたのですねぇ…。

Photo_3


 マーケットにはいつの間にか美味しそうな春野菜や山菜がならんでいました。

 天ぷらにしたり、軽く塩茹でにしてバルサミコ酢やオリーブオイルをかけて食せば、体の中に春の風が吹き抜ける…。

 こういったものが今年はことのほかありがたい気がするのは、実は今、窓を開けることができず、室内にいると外の様子が全くわからないからなのです。

 というのも現在、住まいは10年に一度の大規模修繕中。


 正月明けから建物は足場と幕ですっぽりと覆われ、窓ガラスには外からビニールシートが隙間なく張られ、ベランダも窓の外もガテン系民族に占拠されているので(笑)、洗濯物は乾燥機を回した納戸に干し、陽の入らない室内ではひっそりと息を詰めるような生活を余儀なくされている…わけでもなんでもないのですが、ま、完全に包囲されていることは確かなのでした。

 時折聞こえる重機の音を戦闘の音と想像しつつ、脳内で、占領軍のもとに潜伏生活を送っているレジスタンスごっこ、あるいは幽閉されている貴族ごっこなどしております。

 4月末には解放される予定です。

 
Photo


 細かく刻んだ新生姜の浅漬け、牛蒡の味噌漬け、酢蓮根を酢飯にまぜ、さっと塩茹でしたタラの芽、菜の花をあしらったちらし寿司は雛祭りに作り、ひっそりと食べました(なんとなく)。

 今年はお雛様にもお出ましいただけませんでした。
 
 なんとなれば、現在リビングの隅にはベランダにあった鉢植えやプランターやジョウロやらなんやらがごっそごそ置いてあるんですから。

 この状況でお雛様を飾る気になりませんて。 


 とはいえ、なんだかんだ言いつつもこの不自由な「潜伏生活」にけっこう馴染んでしまっていて、終わっちゃうのが実はちょっとだけ寂しい気がする春の宵です。


|

« 福が来る準備をする | トップページ | 冥王星、いきなり激写される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21283/61248668

この記事へのトラックバック一覧です: Spring has come:

« 福が来る準備をする | トップページ | 冥王星、いきなり激写される »