« 本格的ゆるやかな自立 | トップページ | 男よ、汝ソツのある者よⅠ »

夏期休暇

 終戦記念日はシンガポールにいましたウソです。 

Photo

 都内のホテルに投宿していました。
 
 いやはや…最近の品川駅高輪口付近は、国内にいながらにして、香港とかシンガポールにいるような気にさせてくれますね。

  2013年の夏は各地で40℃を越すような、クレイジー&テリブルな暑さ。
 飛行機や新幹線を使う旅は、移動のことを考えただけで気が遠くなりそうです。

 よって、手っ取り早く行ける上に世界でも最も人気のある都市のひとつTOKYOのホテルで過ごす事にしたのです。 

  Photo
 ホテルの素晴らしい庭園を散歩して、
 プールでプカプカ浮いて(浅すぎて潜水は無理でした)、
 中国人オーナーが経営するところの、中国茶専門店でお茶のレクチャーを受け、
 珍しいお茶を何杯もご馳走になり、
 食事は3食ともホテルの外へぶらぶらと出かけていって、
 近隣のレストランやカフェでとりました。 

 夕食後はホテルの、天井の高い落ち着いたバー・ラウンジで、色々なカクテルをいくつか作ってもらってじっくり味わいました。

 Horse's Neckは、ウィスキーのドライジンジャエール割りですが、レモン丸々1個分の皮をらせん状にむいたものが入っています。

 なるほど、レモンの端のとがったところが馬の頭、そこから続く長い皮が馬の首に見えます。
 レモンの濃い香りとジンジャエールのパンチにやられましたlovely

 家に帰らなくていいのですから時間を気にする事もありません。

 バーテンダーのかっこいい仕事ぶりはひとつのショーですね。 

 ミストサウナ&ジャグジーは夏バテにも効きますが、寒い冬に入ったら最高ではないか、と。

 管理人はドライサウナは大の苦手なのですが、ミストサウナはたいへん結構でした。

 深夜、ホテルのコンビニで、フライトを終えたばかりのJALC.A.の方々を目にしました。

 最近、新調された制服は、トリコロールカラーのクラシック・モダンなワンピース。
Photo(←余談ですがトリコロール大好きです)

  エレガントで可憐で、外国のエアラインにも引けをとらない素敵なデザインでした。 

 やはり女性はワンピース(の制服)がいい!

 ジャケットも折り返しのついた八分袖が女らしい上に機能的。
 これで白い手袋と帽子があれば完璧ですが、勿論このままで十分素晴らしいです。

 ホテルで出会ったスタッフやC.A.の方々…お疲れさまです。

 管理人も休暇明けにはまた仕事の現場で頑張ることができそうです。

3

 休暇の仕上げは岩牡蠣です(写真はガンボ&オイスターバーのもの)。
 
 夏(Rの付かない月)にこそ旬を迎える日本の岩牡蠣。

 大人の掌ほどの大きさがあり、真牡蠣よりもずっと濃厚な味の岩牡蠣は、まさに驚くべき海からの贈り物です。

 富山県朝日町産の牡蠣は、クセがなく上品なカマンベールチーズのよう。

 良質なプランクトンの宝庫、大分県蒲江産のものは、磯の香りが強く旨みも濃くクリーミーさも半端じゃありません。
 海のブルーチーズと呼びたいです。

 夏季こそ牡蠣…。

 休暇が明けたら、ホントにホントに仕事に身を入れます!


|

« 本格的ゆるやかな自立 | トップページ | 男よ、汝ソツのある者よⅠ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21283/58002951

この記事へのトラックバック一覧です: 夏期休暇:

« 本格的ゆるやかな自立 | トップページ | 男よ、汝ソツのある者よⅠ »