« 春のホリデイ・アート | トップページ | ジューン・ブライド »

Capisce l'italiano?-イタリア語が分かりますか?

 ほとんどわかりません。
 でも最近少しずつ学んでいます。

 実は声楽を始めました。
 カンツォーネからオペラアリアに到達するべく(出来るかどうかは不明)、語学もやらにゃ…と。
 あとは身体が細いので、もうちょっと筋肉もつけたいところです(笑)。

 声楽は身体全体を楽器にする、ということですね。
 発声練習をはじめると、すぐに汗が出てきます。
 自分では低い声しか出ない、と思い込んでいたのですが、先生によると、
 「音域が広く、低音からかなり高い声まで出ますね」
 とのことで、ジョハリの窓ではないですが、他者によって発見される自己というのは、いくつになっても嬉しいものです。

Photo

 G.W.初日の土曜日に銀座のシャネル・ピグマリオンデイズコンサートで、坂下忠弘さんの歌曲を聴いてきました。

 声楽家の美しい声というのはどんな楽器にもまして素晴らしいと感じます。
 バレエダンサーや武道家、アスリートたちの優れた身体能力と同じように憧れます。

 この日の選曲は、トスティやフォーレ、ベートーベン、シュトラウスの作品の中の、春の宵に相応しい甘美なものでした。

 それらを坂下さんが華やかに瑞々しく歌い上げます。

 聴きながら、曲の中の薔薇に語りかける月、ため息をつく風、暁の神々しい光、愛をささやく恋人たち…それらが立ち現われるような感覚を覚えたのは管理人だけではなかったはずです。

 会場中が彼とその歌声に魅了されておりました。

 さて、今年のG.W.は雨続きrain
 こんな日は窓ガラスを磨いたり、網戸を洗ったり、ベランダの溝などを掃除するにはいい日です。

 さっぱりしたところで、2日(水曜日)の夜は、雨の中、夕食がてら近所のシネコンで21時からのレイトショー・テルマエ・ロマエを観てきました。
 写真は映画のパンフレットです↑

 この映画、壮大な古代ローマのシークエンスと、日本のひなびた温泉場や近代から現代のお風呂事情、キャラの濃いキャストたちの活躍など、楽しめるポイントはたくさんあるのですが、個人的には、主人公のルシウス(阿部寛)がタイムスリップする度に流れる荘厳なオペラがプラシド・ドミンゴ本人の歌唱によるものだったというのにびっくりしました。

 ところで、G.W.後半の本日5月5日はみごとに晴れわたり、夜空にはスーパームーンが現われましたね!
 ごらんになりましたでしょうか?
 
 スーパームーンとは通常よりも大きく明るい満月のこと。
 本当に、眩しいほど明るく立派な月が天空に浮かんでいる様は壮観です!

 NASAによると今回の満月は、2012年の他の満月より14%大きく、30%明るい、とのことですが、月の軌道は楕円を描くため、こういった現象が起こるのだとか。

 今現在、月は通常よりも地球に接近しているのですね。
 側に寄って引き合う惑星と衛星…。 
 今宵は潮位も高く、赤ちゃんの誕生が多かったのでは…?
 
 月が花に言う、夜は美しい。
 薔薇は言う、一番美しい女性たちを求めなさい。私たちが冠となろう。
Dice la luna ai fior': La notte è bella!
Dicon le rose: A le più vaghe anella
Noi formerem corone!

Nella notte d'april・4月の夜に:トスティ作曲・パリアーラ作詞

 今夜はカーテンをわずかに開け、普通じゃない月光パワーを浴びて眠ろうか、と(…にしても、かなり眩しいです)。

  

|

« 春のホリデイ・アート | トップページ | ジューン・ブライド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21283/54621297

この記事へのトラックバック一覧です: Capisce l'italiano?-イタリア語が分かりますか?:

« 春のホリデイ・アート | トップページ | ジューン・ブライド »