« 獅子座とミッドサマー・ディライト | トップページ | 台風に閉じ込められる快楽 »

The蠍座男・松岡修造とドストエフスキー

・やたらと饒舌である。
・癖が強い。
・緊張も強い。
・何もかもが過剰である。
・熱い。
・その場を祝祭空間にしてしまう。
・まわりを巻き込みまくる。
・異常と正常の紙一重的狭間に居ながら崩壊しない。
・しつこいほどエネルギッシュ。
・良くも悪くも純真である。
・どこまでも本気である。
・蠍座である。

 以上、日本テニス界の第一人者松岡修造とロシアの文豪ドストエフスキーの共通点を挙げてみました。

 勿論彼らは並みの人間ではありません。
 天才なのでこの特色を蠍座人の特色としてそのままあてはめることには無理があります。
 ただ、天才と蠍座が組み合わさったケースの破壊的度外れ感がみごとに出ているお二人です。

 


ドストエフスキーがどういう人か、については、彼の作品を読むのもいいのですが、明治大学の齋藤孝教授の著書(←)などを参考にされるとよろしいかと。

 この本のキーワードは「癖の強い人を愛したい」と「出会いの時を祝祭に」。
 教授のドストエフスキー研究は一読の価値があります。 

また、「プルート通信」内の記事ノルウェイの森のことのコメント部分の、Steinbock氏と管理人の対話なども参考にして頂けたら嬉しいです。

 松岡修造はプロテニスプレイヤーを目指し高校を中退して単身渡米。
 ウィンブルドンでベスト8進出という快挙を成し遂げました。
 長身でノーブルなハンサム。同時通訳ができるほどの英語力。
 血統的にも日本のアッパークラス的サラブレッド。

 彼がマスコミに登場するようになったのは20年以上前です。

 当時は、いよいよ日本にも、華麗なるテニス漫画「エースをねらえ!」の登場人物、お蝶夫人や宗方コーチ、藤堂さんらを足して3で割ったような人物が現実に現われるようになったことだなぁ…と感じ入ったものでした。

  とはいえ、お蝶夫人も宗方コーチもおよそ現実離れした性格であり、漫画の中でこその人物設定だよなぁ…と思っていたのでした。

 が、しかし!

 松岡修造の怪人物ぶりは漫画をはるかに凌駕していたのです。

 TV出演時にはどんな芸人も食われしまうエネルギー。
 先日も「嵐にしやがれ」に出演していた彼。
 さらにパワーアップした無敵のエネルギー全快な松岡修造を観ることが出来ました。

 草食系男子がもてはやされ、こぢんまりとまとまったようなライトな男性が多い昨今、「ドストな人たち」(齋藤教授銘銘)は敬遠され、浮いてしまう傾向があります。

 しかし、あえてこういった人たちと接触し、時に巻き込まれ、身も心もクタクタになってみてはいかがでしょう。

 人生の醍醐味が味わえるかも知れません。 

 ・フョードル・ドストエフスキー=1821年11月11日生まれ
 ・松岡修造=1967年11月6日生まれ

 

 

|

« 獅子座とミッドサマー・ディライト | トップページ | 台風に閉じ込められる快楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21283/49831358

この記事へのトラックバック一覧です: The蠍座男・松岡修造とドストエフスキー:

« 獅子座とミッドサマー・ディライト | トップページ | 台風に閉じ込められる快楽 »