« 真夏のベランダの珍事 | トップページ | The蠍座男・松岡修造とドストエフスキー »

獅子座とミッドサマー・ディライト

2010年の夏は記録的な猛暑

昼は蒸発しそう、夜は溶けそうな今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしですか。Photo_5
人間とはうらはらに、猫の肉球ほどのわがささやかなベランダのトマト、バジル、ミント、朝顔たちは元気いっぱいです。

夏に強い獅子座の同居人も植物並みに元気みたいです。
本日は6時起きしてストレッチ&シャワー。
朝食は朝からカレー。
なんでも本日は試験だとかで。

カレーが脳の血流を良くするというので試験の日には朝カレーというのがいつからか習慣化しました。
 勿論、前日の残り物とか市販のカレーパンとかですけどね。

 カレーに使われている15種類ほどのスパイスは、様々な効能のある漢方薬
 ちなみにカレーを常食するインド人は頭脳明晰な上にボケやアルツハイマーなどになる老人が大変少ないそうです。

 今回のカレーは夏に欠かせないビタミンB群が豊富な豚ヒレと栄養価の高い小松菜とじゃがいも入り。小松菜入りカレー、美味しいですよ! 
2_3

その後、獅子座の同居人は浴衣を着て早朝の電車でキャンパスへ向かいました。 試験の後、花火大会でサークルの仲間と合流するから、とのこと。

 とはいえ、学問の場に行くため、足袋を履き、半襟を付け、帯に扇子を差し、教材を入れる持ち物や小物も和モノで揃える気の入れよう。
 獅子座の役割の一つに「俳優あるいは女優」というのがあります。
いくつになっても子供のようにお祭り好きな獅子座人は、創造的な自己表現をすることを求めているのだそうです。

 
自分のいる場所をステージにするということに情熱を注ぐのが獅子座の人
、ということです。 

 と言いますか…この暑さで体調不良な人々続出の中、朝っぱらからこのハイテンションが獅子座なのかな、と……。

 まあ、浴衣姿の学生が、ドイツ語や宗教学、中世文学の試験を受けている盛夏のキャンパスという風景は悪くないかも知れません。

 インドネシアのサロンケバヤ、ベトナムのアオザイ同様、日本の浴衣はとても素敵な夏の民族衣装。
浴衣を着た日本人は、色っぽさや、いなせな感じが出て、男っぷり女っぷりが3割ほど上がりる気がしますね。

 で、提案なんですけど、来る2012年の夏季ロンドン五輪。
 開会式の入場行進の際、 日本選手団の衣装はいっそ浴衣にしませんか?
 日本のデザイナーと腕のいい職人の手による浴衣。
 日の丸の扇子を優雅に振って。
 世界中にアピールすると思うんですけど。

 獅子座人に限らず誰にとっても、人生とはステージなのではないか、と思うことがあります。
 生きる意味を探るより、自らの役割を決めて演じ切るのさな~んてねhappy01
 Photo_2
 さて、こんな暑い日々は冷たくて甘~いおやつを頂きましょう!

 好評なのは抹茶のかき氷練乳がけ。茹で小豆や、頂き物の水羊羹があればトッピングします。
 塩味のおかきをお供に。
 氷だけ食べていると頭が痛くなるでしょ。あれを防ぎますよ。
  
 あと、白玉団子の黒蜜&黄粉かけ
 白玉って、ぷりぷりもちもちとした(しかしネバネバじゃない)食感がいいですよね。
 思い立ってすぐ作れますし涼感があって美味です。

 ところで甘酒は夏の季語だったってご存知でしたか?

ビタミンやアミノ酸が豊富な甘酒
 江戸の庶民は夏バテ予防に井戸の水で冷やして愛飲したそうです。
管理人は甘酒のツブツブが苦手なのでミキサーで砕いて滑らかな液体にします。
邪道かな?
でも口当たりが断然良くなりますよ。
0708in_3

でもって、夜はモヒートの日々です。
作り方はこちらです蟹座ー獅子座のヘミングウェイとカリブ海のカクテル
今年はミントを育てていますので、たっぷり入れています。

 モヒートに合うおつまみでおすすめなのがトルコ風焼き茄子
  
 茄子を3~5本用意。
 丸ごとグリルなどに入れ、強火で、皮が焦げてパリパリになるまで焼きます。
 途中、茄子が爆発しても気にせず、裏表ひっくり返して焼きましょう。
 皮を手でむいて、食べやすい大きさに切ります。
 (ここまでは和風焼き茄子と同じ手順)
 粉末の昆布だしをまんべんなくかけ、胡椒をふり、オリーブオイルをまわしかけます。

 これは大変に美味で、あっという間に売れてしまいます。
(画像は後ほど)

 


|

« 真夏のベランダの珍事 | トップページ | The蠍座男・松岡修造とドストエフスキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21283/48960519

この記事へのトラックバック一覧です: 獅子座とミッドサマー・ディライト:

« 真夏のベランダの珍事 | トップページ | The蠍座男・松岡修造とドストエフスキー »