« 夢占い | トップページ | Christmas†クリスマス!№7ヴィクトリア時代 »

秋の夜長の熱々プリン

091028_2210002_2

 秋も深まってまいりました今日この頃。
 長い夜は、虫の羽音などをBGMに、読書やら、だらだらおしゃべりやらが楽しい季節です。 

 先日、夜の10時近くになって、突如プリンが食べたくなりました。
 食べたいとなると、居ても立ってもいられなくなり、夏なら散歩がてら近所のスーパーに行くところですが、
この季節は夜中に外には出たくない。
で、作りました。

 プリン4個分で、牛乳350CC、卵2個、砂糖大匙2杯半(あれば三温糖)適宜、クリープ……材料はこんなもんです。
 どこの家にも常備されていますね。
 でも出来立て手作りの味は、市販品など到底かなわないほど美味しいものです。
20分もあれば出来ますのでおすすめです。
 
 ★プリン★
 ボールに卵2個を割りいれ、さらに砂糖を入れ、よく掻き混ぜます。
 牛乳350CCのうち、100CCを電子レンジで1分暖め、そこにクリープを、これも好みの量入れて溶かします。
 クリープで濃くした牛乳を使うとプリンのコクが増しますが、別にただの牛乳だけでもOK。
 クリープ牛乳とただの牛乳と卵を合わせ、茶漉し状の細かい網目で漉します。
 この時、ブランデーを入れると大人の味に。
 耐熱カップ4個に卵液を等分に注ぎます。
 鍋の底にペーパータオル一枚を敷き、卵液の入ったカップを並べます。
 2センチ程水を入れ、上にペーパータオル一枚を乗せ、蓋をして火にかけます。
 沸騰したら、弱火にして5分ほど蒸します。
 その後火を止めてそのまま10分程放置しますといい感じに固まります。

 ★この分量だと、柔らかめのふるふるっとしたプリンになります。
 もう少し固い方がよければ、卵3個に牛乳400CCでやってみて下さい。

 カラメルソース
 フライパンに三温糖大匙3杯程を均等に広げ、火にかけます。
 砂糖が溶けてきたらパンをまわし火加減を調節しながら、黒焦げにしないように、出来るだけ濃い色のカラメルを作ります。
 これをプリンにジュッとかけ、熱々をいただきましょう!
 淵のあたりのカラメルが飴状に固まって、まさに家庭の味。

 
Photo
 それにしても、夜中って、どうして、何か食べたくなるんでしょう。
 インスタントラーメンとか、おせんべいと温麦茶とか、カマンベールチーズとワインとか、……。
 下手すると止まらなくなりませんか?

 夜の八時に①交感神経と②副交感神経の優位関係が切り替わると聞いた事があります。

 ①は戦闘態勢の神経。昼間はこの状態で仕事や学業に立ち向かいます。

 一方②は「夜の神経」とも呼ばれ、体を緊張から解きほぐし、リラックスさせるように働く神経です。
 副交感神経が優位になると、瞳孔は収縮し、脈拍はゆっくりとなり、血圧は下降するとか。

 夜はリラックスしているので食べ物やお酒も美味しい。
 情緒的になったり、気が大きくなるのもこのためなのですね。

 蟹座の同居人は、
 「夜書いた原稿はダメ。翌朝になってみると読めたモンじゃない。夜は仕事には向きません」
 と言っていますが、夜中、誰かにやたらと感情的なメールを送ってしまって、翌日後悔したり……なんてことはありそうでしょうか?

|

« 夢占い | トップページ | Christmas†クリスマス!№7ヴィクトリア時代 »

コメント

交感神経と副交感神経の優位関係の切り替わりは夜八時ですか・・・
何となく分かるような気がします。
中学か高校で英語を学んだ時、ビジネスの手紙は昼間に、しかし恋文
は、夜書かないと相手の心はなびかない、なんて例文がありました。

投稿: Steinbock | 2009/12/28 02:31

Steinbockさま

幼児というのは夜になると熱が出たり、咳き込みがひどくなったりするものですが、これは、昼間の緊張が解け、緊張によって抑えられていたものが身体の症状として出るためだと聞いたことがあります。

大人では、この交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなることを「自律神経失調症」と呼ぶのだとか。

投稿: プルート通信管理人 | 2009/12/29 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21283/46641870

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長の熱々プリン:

« 夢占い | トップページ | Christmas†クリスマス!№7ヴィクトリア時代 »