« 管理人的エロスとの遭遇Ⅰ | トップページ | 「ノルウェイの森」のこと »

管理人的エロスとの遭遇Ⅱ

管理人的エロスとの遭遇Ⅰの続きです。

 身体は他者のまなざしによって客体化される

 エピソード2

 「このクラスの男どもさぁ、結構色々な女子にお世話になってるのね、毎晩。
 ふふっ。キミは第2位だね。Aちゃんが1位。3位はMさん」

 中学生活のある日の放課後、ちょっと早熟なKという男子が、唐突に管理人にこう呟きました。

 「はあ?」
 「いや…何でもない」
 「何なの今の。どういう意味?」
 「忘れて、忘れて。今の発言は却下、却下」
 「言いなさいったら!」
 「きゃはは~」

 逃げるKを屋上まで追いかけたけれど、バカらしくなってやめました。

 釈然としないまま部活(演劇部)に行き、練習の後、事の次第を二人の先輩に話してみたのです。

 一人は副部長のC先輩♂。お笑い芸人のような才能があって、父性的というか、下町の気のいいオジサンのような包容力も持ち合わせていました。
 
 もう一人は…名前が出てこない(汗)。頭が良く、透き通るような白い肌をした、ちょっと危険な香りのする非常にキレイな先輩♀でした。

 「ああ、それはねぇ、ジイのことだね」
 と♀先輩。
 
 「ジイ?」
 初めて聞く言葉でした。

 「そ。文字で表現するとこうなるのだよ」

 ♀先輩は、黒板にデカデカと、漢字表記とアルファベット表記で、その現象を書き表しました。
 ポカ~ンとしている管理人に
 「C、ここから先は、あんたが教えてやりなさいよ」

 「えええ。そんな事、この子に教えるの、俺が?」

 「そうよ。正しい情報は当事者から。この子の円滑な生活のために」

 「え~と…まず、そいつらは、クラスの女の子の人気投票をやったんだね。なんのランキングかというと…ったく、しょうもねぇなぁ」

 今はなき古~い木造校舎の一教室で、中1だった管理人は二人の先輩から、男子に起こる身体的現象についてのレクチャーを受けたのでした
 当時小学校では、女子だけ集められて「女の子の第二次性徴における生理現象」についての授業は受けましたが、男子については、なんら、きちんと教えられることがなかったのです。  
 さらにC先輩は言いました。 

「キミは秋の文化祭で『夜の女王(メーテルリンクの「青い鳥」の登場人物)』をやるでしょ。俺に対しては(C先輩は『夜の女王の召使い』役と『時の翁』の二役でした)もっと、こう、冷たく、高飛車にやって欲しいんだよね。跪く俺の手を靴で踏む演技、演技じゃなくて本当にやっていいから」
 
 「C先輩の手を踏む?そんなこと出来ません!」
 という管理人に、キレイな♀先輩は言いました。
 ちなみに彼女は『チルチル』役。利発な紅顔の美少年、といった感じがとても良く出ていましたっけ。

 「Cはマゾ。あなたはサドの役なんだからね。メリハリがないと舞台が台無しになっちゃうわよ。Cは上手いから、今のままではあなた負けちゃいますよ。召使いに負ける女王なんて、無様でしょ」

 管理人は「サドとマゾ」という言葉もこの時初めて聞きまして、二人から諄々と説明を受けました。
 
 今頃あのお二人、どこでどうしているのやら。
 当時の中学生の精神年齢の高さに、改めて驚くとともに、この方々に感謝してやみませんよ、全く。
 なんというか…日教組かぶれの教師たちよりも、よほど深く人生を教えてくれた気がします。
 でもって、管理人が男の子の生理現象についても、特に嫌悪感もなく、「はぁ…そういうものなんだねぇ」と受け入れることが出来たのは、ひとえに彼と彼女のお陰と感謝申し上げます。
 

 「青い鳥」の本番では、やはりC先輩の手を踏むことは出来ませんでした。
 床に置かれた彼の手の、すぐ側をグイグイ踏むことで許してもらいました。

 

|

« 管理人的エロスとの遭遇Ⅰ | トップページ | 「ノルウェイの森」のこと »

コメント

こんばんは(^^)

管理人さん、まじめな顔でミョーな話されてますね!
爆笑してしまいました!

アジのある先輩方、いいキャラですね!

そういえば、私の中学時代の思い出としては、若い美男の数学の先生(日本人なのに若いときのロバート・レッドフォード似。○中のプリンスと女子に騒がれておりました)が中3の女子生徒からいじめられて(?)家出して、実家で天の岩度してるところを校長が学校に来るように呼びに行ってあげたそーでした。
中3女子はそうとう手に負えない存在だったに違いないと、周りから同情されておりました^_^;

投稿: 某整体師 | 2012/05/14 23:57

 楽しんでいただけて嬉しいです。
 
 「中学時代」というのは何かこう、特殊な季節でした。
 幼い「小学生」と、大人の世界に片足を突っ込んだような「高校生」との狭間にある…。
 卒業式の日は「二度とない何かが終わってしまった」感といいますか、他の卒業式にはついぞ抱くことのなかったある種の感慨がありました。

 残念ながらレッドフォードのような美男教師はいませんでしたが、教師いじめはなかなか派手でしたよ。
  中学生相手の教師は自分には無理とマジで思いました。
 

投稿: プルート通信管理人 | 2012/05/21 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21283/44656560

この記事へのトラックバック一覧です: 管理人的エロスとの遭遇Ⅱ:

« 管理人的エロスとの遭遇Ⅰ | トップページ | 「ノルウェイの森」のこと »