« 誕生日に蛇のように脱皮する管理人Ⅰ | トップページ | 光り輝く大統領・獅子座のバラク・オバマ »

数秒でできる苺ショート

Photo_2
 
 管理人は市販のレアなケーキの類があまり好きではありません。
 
 味のはっきりしないスポンジや、時間の経った生クリームやババロア、風味の抜けた生のフルーツなどがニガテです。
でも値段を抑えた材料で作り、ショーケースに並べて置いておく場合、どうしても、しかたがない。
 チーズは好きですが、チーズケーキはどうも…。

 ただ、たまに無性に苺ショートが食べたくなります。

 写真は、そういう時に作ります。
 市販の英国製のショートブレッド(一箱300円弱の安価なもの)に苺を添え、ホイップ済みの生クリームを絞るだけ。
 実に簡単で美味しい。

 苺ではなく、バナナでも美味しいです。その場合は、市販の黒蜜をかけます。
 生クリームと黒蜜は合います。

 アメリカでいうショートケーキとはもともと、スポンジではなく、ショートブレッドを使っていたという説があります。
 なので、これは現在の苺ショートの原型と言えましょうか。

 ショートブレッドをウェストなどのリーフパイでやると、ミルフィーユ風になって、こちらも美味しいものです。
 パイ(グラニュー糖がまぶされていない裏面)に苺ジャムを塗ると、ちょっと本格派っぽくなります。

 
  今まで食べた苺ショートで「これは美味しい!」と思ったのは、トップスシェーネ(イル・プルー・シュル・ラ・セーヌのレシピのフランス菓子のお店)、アッシュというお店のものでした。
 大変いい材料を使用していて、スポンジもクリームも苺もそれぞれにとても美味で、その調和も素晴らしいお菓子でしたが、いずれも春期限定のお菓子で、お値段もお安くはないですし、お店の場所も遠い。

 管理人の感覚からすると、ハレの日の贅沢なお菓子という感じで、思い立ってすぐ、手軽に食べられるものではありません。

 普段、お茶を飲みながら何気なく食べるには、近所のスーパーマーケットで手軽に入手できる食材で間に合う
これに尽きます。

 生クリームは、純正乳脂肪性に比べて植物性のものは味が劣りますが、缶入りなどのホイップ済みクリームの中には、乳脂肪入りで、軽くて風味もいいものがあります。
 余ったクリームの処理に困ることもありませんので、もっぱらこちらを利用しています。

|

« 誕生日に蛇のように脱皮する管理人Ⅰ | トップページ | 光り輝く大統領・獅子座のバラク・オバマ »

コメント

plutoちゃん

あたしです。齋藤昭子

今度の12日ムサビの会15:00-18:00という催し行きますか?
締め切りに間に合わなかったんですが行こうかなと思ってるんですよ。

あちゃこより

投稿: あちゃこぶりけ という名前だった齋藤昭子だよ | 2009/12/04 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21283/43696618

この記事へのトラックバック一覧です: 数秒でできる苺ショート:

« 誕生日に蛇のように脱皮する管理人Ⅰ | トップページ | 光り輝く大統領・獅子座のバラク・オバマ »