« 冥王星、なんだかメジャーになる | トップページ | 獅子座にとって自宅は城 »

シンプル美味ー塩焼き豚

日中は残暑のなごりが感じられても、夜ともなれば涼やかな虫の音が聞こえてくる初秋。
さわやかな季節の到来とともに食欲もよみがえる季節です。

そこで作っておくと便利で重宝な塩焼き豚のご紹介。
冷蔵庫で5日は持ちます。チルド室だと10日くらい。
管理人のようにおうちゃくな人向けの常備菜。ポークは疲労回復ビタミンB1が豊富です。猛暑で弱った身体に、ぜひ。
Sioyakibuta

材料
●豚の肩ロースかモモのかたまり500~700g
●塩小匙1前後これだけ!

①塩を肉のかたまりにまんべんなく擦り込み、室温で30分ほど置く。
 このまま冷蔵庫で一晩置いてもいいです。
②170度のオーブンで70分~80分(肉の大きさによる)焼く。以上。

コツは弱火(170度)でじっくりと焼くということ。
この方法だと肉がジューシーに仕上がり、焼けすぎて硬くなったりしません。
出来上がりの目安は天板にたまった肉汁が透き通っていること。
肉を切りわけた時、ほんのり桜色の美しい切り口が見えれば成功!もし切り口が濃いピンク色で肉汁も赤いようなら、あともう10~15分ほど焼いてみて下さい。
香辛料は一切使わず、調味料は塩だけですが、これが豚肉本来の旨みや甘味を最大限に引き出します。

★薄切りにして辛子かワサビをつけるだけで、おいしい!お醤油を少しつけてもイケます。

細切りにして、白髪ネギ(刻みネギでもOK)をのせ、味ポンをさっとかけてラー油をたらします。実は管理人はこの食べ方が一番好き!ビールもご飯も進んじゃう。
端っこは塩っぱいのでおかゆや白菜のクリーム煮などに調味料かわりに。
その他、野菜炒めや焼きソバ、チャーハン、ラーメンやサンドイッチ、お弁当のおかずにそのまま使えます。

★写真は撮影用にきどって(笑)ハーブソースとバルサミコ酢でイタリア風に。
塩焼き豚を使ってすぐに出来てしまう一品。
塩焼き豚を5ミリほどの厚さに切り野菜とともに盛つけ、ハーブソースとバルサミコ酢をあしらいます。

★ハーブソースの作り方:市販のパスタ用バジルソース(バジルと松の実、チーズがペースト状になっているもの)小さじ2~3杯にオリーブ油、醸造酢、はちみつを適宜くわえ、よく混ぜておく。
豚肉は甘酸っぱい味と相性がいいんですね。これはワインに合いますよ。

★端っこの、ちょっと、しょっぱい部分は細かく切って、お茶漬けにしましょう。ご飯に塩豚をのせ、煎茶をかけて、ワサビを添えます。これ、いけますよ。顆粒昆布だしを少々加えても美味。

アチェートバルサミコ8年250mlアチェート・バルサミコ8年もの
★長年の熟成による深いコクが味わえます。グレープフルーツにたらして召し上がってみてください。目からウロコなお味です。

|

« 冥王星、なんだかメジャーになる | トップページ | 獅子座にとって自宅は城 »

コメント

こんにちは、とっても美味しそうな塩焼き豚!是非真似したいと思います。
絵本の連絡ありがとうございました。うかがった時にまた連絡します。m(..)m

投稿: satoteru | 2006/10/02 15:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21283/11758742

この記事へのトラックバック一覧です: シンプル美味ー塩焼き豚:

« 冥王星、なんだかメジャーになる | トップページ | 獅子座にとって自宅は城 »