« Christmas†クリスマス!№5サンタさんの紅茶 | トップページ | 森茉莉の料理 »

Christmas†クリスマス!№6キリスト教と無関係だった風習

DSCN0247.JPG

モミの木
 真冬の最中、雪や氷の中にあってもなお緑が青々としているモミの木は超自然的で神秘的な感じがします。アルザス地方では昔からこの木には何か特別な霊力が宿っていると信じられていました。
 古い伝説ではこの木を「生命の木」「楽園の木」と呼び、キリスト教以降はエデンの園に生えていた、すなわちイブがヘビにだまされたもととなった木であるとされたそうです。

 クリスマスにはモミの木に赤いりんごが飾られました。その後、お菓子やおもちゃ等をつるすようになったのですが、こうしてクリスマスツリーはアルザス地方からフランスとドイツに、さらにドイツからオーストリア、ポーランド、英国、北アメリカへと広がっていきました。

 英国で初めて、クリスマスにモミのツリーを持ち込んだのはヴィクトリア女王の夫アルバート公でした。公は故郷ドイツの習慣を英国に持ち込み、英国のクリスマスのホームパーティに多大に貢献したのです。くわしくは別の回で。 

七面鳥
 クリスマスのご馳走といえば七面鳥を連想する方は多いですよね。この風習は比較的新しく、1620以降のアメリカで生まれました。
 その年、メイフラワー号でヨーロッパからはるばる渡って来た清教徒たちは、寒さと飢えでその半数が命を落としていました。上陸後も食べものに事欠いた彼らにとって、簡単に捕まえられる野生の七面長は命を繋ぐご馳走でした。

 やがて先住民に農業を教えてもらい、翌年の秋、彼らは初めての収穫祭を迎えることができたのでした。この時、先住民を招いて、ジャガイモや豆やとうもろこし、そして七面鳥などのご馳走を囲んだのが感謝祭(11月の第4木曜日)の始まりとなりました。
 豊かになってからも、先祖が味わったひもじさを忘れないようにとの思いを込めて、感謝祭やクリスマスには七面鳥を食べる風習になったということです。
 七面鳥の中には、玉ねぎやセロリ、レバーやパンを炒めたものを詰めて焼き、新大陸の特産物クランベリーのソースをそえます。付け合せは、これも新大陸の野菜であるとうもろこしやジャガイモです。

 ちなみにヨーロッパでのクリスマスのご馳走といえば伝統的に豚だそう。彼の地では冬が来る前に豚をつぶして、リエット(パテの一種)、ソーセージ、ブーダン(血と脂肪の腸詰)、塩漬けのハムやベーコンなどにして冬の間の保存食としますが、クリスマスにはこれらを振舞います。
 フランスでは豚に加えて、牡蠣や魚、フォアグラ、シャンパンがクリスマスの食卓にのぼるというのですから、さすがはグルメの国。

Bûch de Noël ブュッシュ・ド・ノエル
 フランスあたりの地域では昔から冬至祭に、暖炉で太く大きな薪を燃やす習慣がありました。これはもともとは子宝と収穫を願う儀式で、この薪は「神聖な薪」と呼ばれ、りんご、桜、オリーブ、胡桃、プラムなどの果物のなる木であること(子宝を意味する)、硬くて何日もゆっくり燃え続けることが条件でした。

 冬至祭の真夜中のミサが始まる少し前に火が点けられ、薪は少なくとも新年までは燃え続けました。この薪の消し炭はその後の一年間大切に保存され、家や畑を災害から守るお守りとされたり、またこの炭で腫れ物のまわりをこすればじきに治るといい伝えられていました。

 この風習がキリスト教に取り入れられてからは、公現日までの12日間ずっと燃え続ける薪としてBûch de Noël ブュッシュ・ド・ノエルと呼ばれるようになりました。

★キリスト教の最も初期の時代から、宣教師達の政策は常に、異教の習慣にキリスト教に基づく解釈と意味づけを行うことによって、その習慣に適応しそれを取り込むことだったと言えそうです。

Christmas†クリスマス!№7ヴィクトリア時代に続きます。

プルート通信内のクリスマス関係の記事は、画面左側のプルートカテゴリーの最下、Christmas†クリスマス!をクリックすると、古い順に読めます。

|

« Christmas†クリスマス!№5サンタさんの紅茶 | トップページ | 森茉莉の料理 »

コメント

コメント有難うございました。ここの「異教の習慣にキリスト教に基づく解釈と意味づけを行う」の一節は、欧州の異文化の受け入れ方の典型的な方法であったと思います。現在も宗教抜き繰り返されている作業です。

投稿: pfaelzerwein | 2004/12/08 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21283/2121239

この記事へのトラックバック一覧です: Christmas†クリスマス!№6キリスト教と無関係だった風習:

« Christmas†クリスマス!№5サンタさんの紅茶 | トップページ | 森茉莉の料理 »