« 山羊座の支配星・土星は豊穣の神の名 | トップページ | Christmas † クリスマス!№4東方の三博士と贈り物 »

Christmas † クリスマス!№3リース

 ドアなどにリースを飾ると、とたんにクリスマスらしい雰囲気がただよい始めます。リースは英語ではWreath。うずまきという意味です。輪の形は終わりのない永遠をあらわしています。

ri-sukin.jpg

リースの起源
 発祥は古代ギリシャやローマ。花や枝葉や木の実で作ったリースは、名誉の印をあらわす賞として授けられていました。
 ’04年のアテネオリンピックでもよく目にした月桂冠ですが、古代より月桂樹(ローレル)はアポロンの霊木とされていたので、これを輪の冠にして競技の勝利者に与え、賞賛の意を表すのに用いられてきたのです。
 やがて様々なリースが、儀式や式典の時に、記念碑や墓などを飾るのにも用いられるようになり、現在に到っているそうです。

 薬草や香草やスパイスを用いたリースは魔よけとして、またリースの輪を通って幸福がやってくるという言い伝えもあり、永遠を表す形のリースは縁起ものとして、クリスマスにも飾られるようになりました。

 ★冒頭の写真は、今年のプルート通信管理人宅のクリスマスリースです。いまいちビシっとキマっていないのは手作りだからなんですよ。ツリーは飾りませんが、毎年この時期、ドアに手作りリースを掛けます。これのお陰で新聞屋さんや、お米やさんや、近所の人とひとしきり話が盛り上がったりします。

 実はこれ風水にのっとって作りました。管理人の家のドアは西にあります。風水では西に黄色いものを置くと、縁起がいいとか、お金がたまるとかいわれているので黄色や金やオレンジばかりを集めてみました。
 クリスマスリースなのに風水ってどうよ?まあ、なんというか…外国の文化を一応なんでも取り入れちゃって、自分たち流に消化してしまう日本人らしさがよく出ているリースということで(笑)。

プルート通信内のクリスマス関係の記事は、画面左側のプルートカテゴリーの最下、Christmas†クリスマス!をクリックすると、古い順に読めます。

|

« 山羊座の支配星・土星は豊穣の神の名 | トップページ | Christmas † クリスマス!№4東方の三博士と贈り物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21283/2023448

この記事へのトラックバック一覧です: Christmas † クリスマス!№3リース:

« 山羊座の支配星・土星は豊穣の神の名 | トップページ | Christmas † クリスマス!№4東方の三博士と贈り物 »