« 冥王星は大丈夫なのか? | トップページ | 映画「リプリー」の中の蠍座的人物 »

水の宮の三姉妹

 蠍座は、蟹座、魚座と同じ水の宮

 火の宮(牡羊、獅子、射手)や、風の宮(双子、天秤、水瓶)、地の宮(牡牛、乙女、山羊)に比べてウェットな人たちが多そうだと推察できますよね。

 水の宮の人たちは人情に厚く、感情が豊かということになっています。

 蟹座、蠍座、魚座は同じ水でもそれぞれに違う水の性質をもっているそうです。

 昔聞いた話によると、水の宮のトップ蟹座は泉
 優しくて家庭的な博愛精神の持ち主で、人を癒し潤す泉の水だそう。

 末っ子の魚座は海
 万物を育む母なる海に象徴される魚座の魂は、情緒的で宇宙と一体化しているとか。

 でもって真ん中の蠍座は、というと、なんと底なし沼(!)

 あー、そうなんですね。
 やっぱり…というか…そこまで言う、というべきか。
 蠍座は、人間世界の酸いも甘いも、善も悪も、喜びも憎しみもすべて飲み込む底なし沼的エネルギーの持ち主、ということですが……あんまり嬉しくないかも。

 泉や海にたとえられれば嬉しい人は多いでしょう。
 しかし、底なし沼のようだといわれて一体だれが喜ぶでしょうか。

 むしろこれで喜んでいたら変人のレッテルはまぬがれません。
 もうちょっとマシなたとえはなかったんですかぁっ?
 
出来の良い姉と妹に囲まれてグレちゃいたくなる真ん中の子の気持ちがよ~くわかります(笑)。

魚座:2/20~3/20 水の宮 支配星は海王星

|

« 冥王星は大丈夫なのか? | トップページ | 映画「リプリー」の中の蠍座的人物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21283/417653

この記事へのトラックバック一覧です: 水の宮の三姉妹:

« 冥王星は大丈夫なのか? | トップページ | 映画「リプリー」の中の蠍座的人物 »